メニュー
2010年6月10日 【11卒調査】学生を惹きつけるインターンシップ
【11卒学生 就職活動振り返りアンケート結果】
・最も良かったインターンシップ 1位はワークスアプリケーションズ
・6割がインターンシップ実施企業の本採用の選考を受け、内定に至った学生は1割強


【調査概要】→詳細はこちら
調査対象: 2011年度卒業予定のジョブウェブ会員学生
調査期間: 2010年4月22日~2010年4月30日
有効回答数: ジョブウェブ会員学生492名
(早稲田大学40名 東京大学34名 慶應義塾大学29名 大阪大学17名 立命館大学16名 京都大学 14名 他)
※うち、「最も良かったインターンシップ」を挙げた学生:219名 





6月、今年も学生達が、この夏に挑戦するインターンシップを探す時期となった。


昨シーズン、2011卒学生向けにも、数多くの魅力的なインターンシップが実施されていたようだ。
2011年度卒学生を惹きつけたインターンシップはどのような内容だったのか。
また、インターンシップから選考に繋がった学生はどれくらいいたのだろうか。


就職活動が終盤にさしかかる4月末、2011年卒のジョブウェブ会員学生に、
自分が参加した中で最も良かったインターンシップを答えて貰った。





■最も良かった!後輩にオススメしたいインターンシップ 1位はワークスアプリケーションズ


 自分が参加した中で最も良かったインターンシップについては、


1位:ワークスアプリケーションズ
2位:富士通
3位:三井物産、三菱UFJ信託銀行、野村総合研究所


という結果となった。


Q:あなたが参加した中で、最も良かったインターンシップの実施企業名をおしえてください。上位35社(全体142社)

最も良かったインターンシップランキング

 上位インターンシップに寄せられた感想を見ると、「課題の面白さ・レベルの高さ」「参加学生の優秀さ」「参加社員の手厚い対応」「仕事の理解の深まり」に魅力を感じた学生が多かったようだ。


>>  学生コメント:最も良かったインターンシップ 内容・感想 



 その他、最も良かったインターンシップの良かった点については、「社風・雰囲気が良く分かった」「他の参加学生と仲良くなれた」という回答が多く、いずれも6割弱が選択(57~59%)。また、「仕事内容の理解が深まった」「就職活動の参考になった」も、5割強が評価していた(52~55%)。


Q: そのインターンシップのどこが良かったのか、教えてください。(当てはまるもの全て選択)

interngoodpoint100610


なお、最も良かったインターンシップ実施企業の本採用選考を受けたかどうかについては、6割(60%)が選考を受けたと回答していた。

さらに、内定に至ったという学生は1割強(15%)で、7%が内定を承諾していた。


Q:最も良かったインターンシップを実施した企業の本採用選考を受けましたか?

ginternsenko100610


学生本音調査レポートを多数掲載しております

ジョブウェブでは定期的に学生に向けて就職活動・インターンシップに関する調査を行っております。その他の記事もぜひご参照ください。

>> 最新!2014年度卒学生対象・インターンシップ調査はこちらから
>> その他の調査レポート一覧はこちら

学生の本音調査他、採用活動お役立ち情報を定期的にお届けします

弊社メールマガジン「ジョブウェブキャリア研究所通信」では、今回のような学生調査結果のご報告、調査によせられた学生の声や、弊社採用コンサルタントによるコラム等をお届けいたします。また、採用ノウハウや事例などを交え、毎回大好評をいただいている採用ご担当者様向けセミナーの情報を、いち早くご提供いたします。
現在メールマガジンにご登録いただいた皆様へ「14卒学生コメント集【後輩にオススメしたいインターンシップ】」等の学生コメント集をプレゼントしております。

>> 詳細・ご登録はこちらから

資料請求

お問い合わせ

 
この著者の新着記事

TOPへ