menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. 成功事例
  3. CustomerVoice
  4. ベネッセコーポレーションが1泊2日のインターンシップのファシリテーターをジョブウェブに依頼した理由【Customer Voice】

ベネッセコーポレーションが1泊2日のインターンシップのファシリテーターをジョブウェブに依頼した理由【Customer Voice】

2016年5月19日

学生に意味のあるインターンシップにするには、学生視点に立てる第三者目線が必要だと考えた。

2016年2月に開催された、ベネッセコーポレーション主催の就活生向け冬季インターンシップ「EdTechアイデアソン」。今年、初めての試みとして開催された、教育の問題を解決する新しい「デジタルサービス」を考案する1泊2日のインターンシップです。このインターンシップの講師兼ファシリテートとして、ジョブウェブ会長の佐藤孝治が参加をさせていただきました。

ベネッセコーポレーションの資産を活用して新たな教育サービスの企画を考える学生。そのサポート役として多くの社員や内定者がスタッフとして参加して本気で取り組む2日間。互いの理解を深める、という目的のインターンシップでもどうしても会社の宣伝になってしまいがち。採用担当としてインターンシップをプロデュースされている後藤さんは、学生の学びを高める上では第三者の目線が必要だと感じていらっしゃいました。

そんな中、様々なハッカソンのファシリテート経験があり、また、学生と近い距離で彼らに学びを提供できる講師という観点から依頼を受け、ジョブウェブの佐藤が「第三者の目」として、時には講師、時には学生と一緒にテーブルを囲んでアイデアを出すなどのサポートをさせていただきました。

ベネッセコーポレーションが1泊2日のインターンシップのファシリテーターをジョブウェブに依頼した理由
その理由を、ベネッセコーポレーション 新卒採用担当の後藤照典さんにお伺いしました。
22分間の音声データです。通勤や移動の際など、お手すきの際にお聞きいただければと思います。
ベネッセコーポレーションが学生の学びを高めるために1泊2日のインターンシップのファシリテーターをジョブウェブに依頼した理由(音声データ 2016/4/21取材)

プロフィール



株式会社ベネッセコーポレーション 新卒採用担当 後藤照典さん (写真左)

2006年3月 東京大学教育学部卒業。2006年4月 株式会社ベネッセコーポレーション入社。2015年グロービス経営大学院修了(MBA)。「教育を通して、自ら学ぶ人を増やし、日本を変える」ためにベネッセに入社し、通信教育教材の企画・編集、販売・マーケティング、組織開発などを担当。MBA在学中に「経営とは、人である」ということを学び、志願して人事へ異動し、現在は主に新卒採用を担当。

株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長  佐藤孝治 (写真右)

1972年東京都生まれ 早稲田大学社会科学部卒。就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。97年7月、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。99年10月、ジョブウェブを法人化。現在、株式会社ジョブウェブ会長として講演や勉強会などに全国を飛び回っている。学生の就職支援と企業の採用支援を通じて学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。好きな格言は「思い立ったが吉日」。著書に「内定の原則」「<就活>廃止論」がある。

関連する記事

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る