menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 【2014年新卒 就職活動の意識/動向調査(5月度)】インターンシップ、マッチ度向上に役立つ 約8割

【2014年新卒 就職活動の意識/動向調査(5月度)】インターンシップ、マッチ度向上に役立つ 約8割

2013年6月12日
Press Release
2013年6月12日
レジェンダ・コーポレーション株式会社
株式会社ジョブウェブ


title

人事BPR・BPO(採用・人事・労務・システム)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:藤波 達雄、以下レジェンダ)と人材採用コンサルティング会社の株式会社ジョブウェブ(本社:東京都港区 代表取締役社長:佐藤孝治、以下Jobweb)は、2014年4月入社の就職を希望する大学生、大学院生(以下、学生)2930名と2014年新卒の採用活動を行う企業(以下、企業)137社に意識/動向調査を行いました。(調査期間[学生]:2013年5月13日(月)~5月20日(月)、調査期間[企業]:2013年5月16日(木)~5月23日(木))

調査詳細

〔1.インターンシップ、マッチ度向上に役立つ 学生・企業とも約8割〕
学生と企業に、インターンシップのマッチ度向上への役立ち度について尋ねたところ、学生は82.3%、企業は77.4%が「役に立つ(「非常に役立つ」+「やや役立つ」)と回答しました。また、実際にインターンシップに参加した学生に、インターンシップで得られたことを尋ねたところ、「会社」「業界」「社会」「自己」の理解が進んだことがわかりました。※末尾の別添ご参照

【Q. 5日以上(*1)のインターンシップは、学生と企業のマッチ度向上に役立つと思いますか?】
*1:インターンシップを5日以上と定義付けした背景: 日本経済団体連合会の採用選考に関する企業の倫理憲章の定義に基づく。
legendaintern1


〔2. 就職サイト以外の有効な母集団形成手法は、インターンシップがトップで53.3%〕
企業に、就職サイト以外で、有効な母集団形成手法を尋ねたところ、インターンシップが53.3%とトップとなりました。

【Q. 就職サイト以外(*2)で、有効な母集団形成手法について、当てはまるものを全てお答えください。】
*2:就職サイトを利用している企業は、当社調査で91.2%.とほとんどの企業がその有用性を理解して活用している為、選択肢から除外。
legendaboshudan2


〔3. インターンシップのハードルは、学生は“実施タイミングと期間”、企業は“受入れ体制の構築”〕
学生にインターンシップに参加しづらい理由を、任意の自由記述で尋ねたところ、主な理由は、実施タイミングと期間であることがわかりました。また、同様に企業へインターンシップ導入の課題を尋ねたところ、受入れ体制の構築が課題であることがわかりました。

legendaintern3

レジェンダ・コーポレーションの見解

2年後の16新卒採用以降は、倫理憲章の改定により、更なるインターンシップの活用が予想されます。
本調査からも、新卒採用におけるインターンシップは、学生と企業のマッチ度向上や、企業の母集団形成手法として有用性が高いことがわかりました。一方で、インターンシップ実施のハードルとしては、学生の参加タイミングや期間の調整、企業の受入れ体制の構築などが挙げられました。

本来、就職活動・採用活動とは、学生と企業双方にとってのマッチングであり、その為には、双方の相互理解を深めることが重要となります。その手法として、インターンシップは、一定期間、学生と企業が向きあう場を創り出すことが可能であり、その有用性はやはり高いと言えます。

しかしながら、実施に当たっては一定期間を必要とするため、学生と企業双方の負担は避けられません。一定期間のインターンシップを実施する以上、双方の負担を払拭するだけの効果的なインターンシップが求められます。双方の効果を高める為には、インターンシップ参加者の事前選別、インターンシッププログラムの事前情報公開、そしてプログラム内容の工夫などが重要になると想定されます。

リサーチ&ブランディング部 マーケティング ディレクター 大捕 浩尚


別添:学生がインターンシップに参加して得られることは「会社」「業界」「社会」「自己」がわかること
インターンシップに参加したことがある学生に、インターンシップに参加して得られたことを任意の自由記述で回答を得たところ、大きく「会社」「業界」「社会」「自己」の4区分で回答が得られました。

【Q. インターンシップに参加して、得られたことを自由にお書きください。】
(有効回答数:5日以上のインターンシップに参加したことがある学生792名(全体の27.0%))
legendaintern4
legendaintern5


【本件に関するお問い合わせ先】
レジェンダ・コーポレーション/大捕・重松 TEL:03-6894-7340、E-MAIL:marketing@leggenda.co.jp
ジョブウェブ/新治・中村・小山 TEL:03-5114-1271(代表)、E-MAIL:press@jobweb.co.jp

アンケート概要
・調査対象:2014年4月入社を希望する大学生・大学院生 / 2014年新卒の採用活動を行う企業
・有効回答数:学生 2,930名 / 企業 137社
・調査方法:インターネットによる調査(レジェンダのアンケートWebサイトより回答)
・調査期間:学生 2013年5月13日(月)~5月20日(月) / 企業 2013年5月16日(木)~5月23日(木)

【レジェンダ・コーポレーション株式会社について】
代表者 : 藤波 達雄(代表取締役社長)
所在地 : 東京都新宿区北新宿2丁目21番1号 新宿フロントタワー30階
連絡先 : 03-6894-7310(代表) 創業: 1996年10月 URL: http://www.leggenda.co.jp/
事業内容:
人と組織の変革をサポートするBPR・BPO事業
1.採用サービス事業(採用コンサルティング、採用アウトソーシング)
2.人事サービス事業(人事コンサルティング、人事アウトソーシング)
3.労務サービス事業(労務コンサルティング、労務アウトソーシング)
4.システム事業(クラウド型人事システム[人事管理、就業、給与、申請、考課、サーベイ、採用])


【株式会社ジョブウェブについて】
代表者 : 佐藤 孝治(代表取締役社長)
所在地 : 東京都港区六本木2-2-6 福吉町ビル 2F
連絡先 : 03-5114-1271(代表) 設立: 1999年10月 URL: http://www.jobweb.co.jp/company/
事業内容:
人材採用コンサルティング
1.就職サイトの運営
2.人材採用イベントの企画、運営
3.人材採用に関するマーケティング調査
4.人材育成プログラムの開発
5.講演会、セミナー、研修会の開催・企画・運営・講師派遣
6.出版物の企画・編集


資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る