menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. ニュース
  3. 【2016年新卒採用担当者意識調査】順守せず『8 月前に選考を開始』 約4 割(39.1%)~学生への早期接触は「インターンシップ」や「大学との関係強化」~

【2016年新卒採用担当者意識調査】順守せず『8 月前に選考を開始』 約4 割(39.1%)~学生への早期接触は「インターンシップ」や「大学との関係強化」~

2014年2月10日
Press Release
2014 年2 月10日
レジェンダ・コーポレーション株式会社
株式会社ジョブウェブ


人事BPR・BPO(採用・人事・労務・システム)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:藤波 達雄、以下レジェンダ)と人材採用コンサルティング会社の株式会社ジョブウェブ(本社:東京都港区 代表取締役社長:新治嘉章、以下Jobweb)は、共同で新卒採用活動を実施する企業の採用担当者(以下、企業)を対象に、2016 年新卒採用活動についての意識/
実態調査を行い、110 社の回答を得ました。 [調査期間2013 年11 月22 日(金)~12 月6 日(金)]

調査サマリー

2016 年新卒採用は経団連の「採用選考の指針」によって、広報開始時期が3 年生の3 月以降、選考開始が8 月以降と定められました。現在の採用活動から広報は3 カ月、選考開始は4 カ月遅れる内容です。
このような指針が出ている中、企業の採用担当者が2016 年度新卒採用についてどのような対応策を考えているのか尋ねました。
まず、選考は指針を順守せず「8 月より前に行う」が4 割となり、8 月を待たず選考を開始する声が半数近くとなりました。同様に、4 割の企業が広報開始時期と定められた3 月より前に学生への接触を予定していると回答しました。早期接触の手法としては「インターンシップ」「学内セミナー」「大学との関係構築」という順に上げられ、大学とのコネクション作りを狙う姿勢が読み取れます。
一方、2016 新卒採用の方針は「未定」という回答も4 割あり、他社状況を見定めているという声も上がりました。
学業時間の捻出や留学の促進という政府の意図はあるものの、現実的には企業は「より優秀な人材を獲得」するための対応策をとらざるを得ず、各社の足並みがばらつく様子が伺える結果となりました。

調査詳細

〔1. 4 割の企業が選考を「8 月より前に開始すると思う」と回答〕
2016年新卒採用について「採用選考の指針」に沿って8 月以降に選考を開始すると思うか尋ねたところ、約4 割の企業が指針を守らず「8 月より前に開始すると思う」と回答しました。「検討しており、まだわからない」と回答した企業も4 割となり、状況を見定めているという企業も少なくない結果となりました。

【Q. 指針に沿って8 月以降に選考を開始すると思いますか?】
16卒選考開始時期

〔2.  4割の企業が3月前に学生に接触する早期施策を導入予定。手法はインターンシップや大学強化〕
4 割の企業が「採用選考の指針」で広報開始時期と定められた3 月より前に学生への接触を予定していると回答しました。早期接触の手法としては「インターンシップ」「学内セミナー」「大学との関係構築」という順に上げられ、大学とのコネクション作りを狙う姿勢が読み取れます。

【Q.ガイドラインに沿った広報開始時期(3 年生の3 月)より前に、学生に接触する早期施策を導入もしくは強化する予定はありますか?】
16採用早期施策予定

↓早期施策の内容(回答数43)
【Q.予定している早期施策を全てお選びください】
16採用早期施策内容

〔3.  課題は「最適な採用スケジュールが判断できない」「辞退数が予測しづらい」が挙げられた〕
選考開始時期が遅れることによる課題を尋ねると、「最適な採用スケジュールが判断できない」「辞退数が予測しづらい」「選考時期のピークが集中しそう」等が挙げられました。

【Q. 選考開始時期が遅れることで、2016 新卒採用の課題として自社にあてはまるものをお選びください】
16採用課題

【各社が考える2016 新卒採用の課題】(有効コメント数52 件の中から一部抜粋)
<学生に対する懸念>
■選考時期が後ろにずれると、卒論に取り組む時期と重複するなど、かえって学業を圧迫するのではないかと危惧する。(メーカー/501~2000 名)
■入社前研修や同期コミュニケーションの機会・期間が減ることで、入社後にギャップを感じ、早期退職者が増える懸念あり。(サービス業/2001 名以上)
■学生とのスケジュール調整が困難になる可能性が高い。学生の業界研究が弱まりそうな印象を受けている。(サービス業/501~2000 名)

<採用活動に関する懸念>
■短期化に伴うピークの集中は不可避。(情報通信業/2001 名以上)
■夏のインターンシップ時期との重複もあり、リソース不足が懸念される。(情報通信業/2001 名以上)
■採用コスト増が見込まれ、中途も含めて要員計画を組み直す必要が出てくる可能性がある。(サービス業/501~2000 名)

<採用成果に対する懸念>
■大手と中小の採用選考期間が重なり、中小企業と学生の出会いが減少すると推測される。(サービス業/500 名以下)
■大手企業の採用活動とバッティングし、応募者数の確保が困難になるとともに、内定辞退増も予測される。(商社/500 名以下)

レジェンダ・コーポレーションの見解

2016 年新卒採用における「採用選考の指針」は、違反についての罰則はなく、このガイドラインを順守するか否かの対応にばらつきが出ることが、指針の発表時から不安視されていましたが、現実に起こりつつあることがわかる結果となりました。
採用活動期間が変わることで、大手は8 月から10 月1 日の内定式へ向けた2 ヶ月間の活動集中が見込まれ、中小では大手の内定が出そろった10 月以降の6 カ月間で採りきることが求められる厳しい活動が予測されます。またリソース面では、3~4 月の新入社員受け入れや入社式、8~9 月のインターンシップと採用活動が重なることで社内の人員確保ができるか等、懸念点が複数あがります。また、学生側でも、学業の影響で就活に割く時間の減少等が予測されます。
まだ五里霧中での対応策検討ですが、採用活動の成功への危機感があるため、今のうちから計画や方針を決めた企業では、ガイドラインに沿うことなく早期に動こうとしている様子が読み取れます。
今回のようなダイナミックな変化に対し、各社は採用目標に達しない時の代替策を予め検討しておき、柔軟に戦略変更できるようにしておくことが必要です。そして、「自社の人材採用の手法」について方針を決め、新卒一括採用だけでなく、海外採用や中途採用へのシフトなど、中長期的に自社の採用成果達成に最適な手法を検討することが重要であると考えます。

レジェンダ・コーポレーション 依田 賢治

【本件に関するお問い合わせ先】
レジェンダ・コーポレーション/中津川・依田 TEL:03-6894-7340、E-MAIL:marketing@leggenda.co.jp
ジョブウェブ/小山 TEL:03-5114-1271(代表)、E-MAIL:press@jobweb.co.jp

アンケート概要
・調査対象 新卒採用活動を行う企業の採用担当者
・調査方法 インターネット上のウェブ画面による回答
・有効回答数 110 社
・調査期間 2013 年11 月22 日(金)~12 月6 日(金)

【レジェンダ・コーポレーション株式会社について】
代表者 : 藤波 達雄(代表取締役社長) 所在地:東京都新宿区北新宿2丁目21番1号 新宿フロントタワー30階 連絡先 : 03-6894-7310(代表) 創業: 1996年10月 URL: http://www.leggenda.co.jp/ 事業内容:人と組織の変革をサポートするBPR・BPO事業 1.採用サービス事業(採用コンサルティング、採用アウトソーシング) 2.人事サービス事業(人事コンサルティング、人事アウトソーシング) 3.労務サービス事業(労務コンサルティング、労務アウトソーシング) 4.システム事業(クラウド型人事システム[人事管理、就業、給与、申請、考課、サーベイ、採用])
【株式会社ジョブウェブについて】
代表者 : 新治 嘉章(代表取締役社長) 所在地 : 東京都港区六本木2-2-6 福吉町ビル 2F 連絡先 : 03-5114-1271(代表) 設立: 1999年10月 URL: http://www.jobweb.co.jp/company/ 事業内容:人材採用コンサルティング 1.就職サイトの運営 2.人材採用イベントの企画、運営 3.人材採用に関するマーケティング調査 4.人材育成プログラムの開発 5.講演会、セミナー、研修会の開催・企画・運営・講師派遣 6.出版物の企画・編集
6.出版物の企画・編集


資料請求

お問い合わせ

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る