menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 今、本当に求められている会社説明会を考察する(後編)

今、本当に求められている会社説明会を考察する(後編)

福井 信英
福井 信英
2009年4月18日

本コラムでは、昨年度就職活動を実施した2009年度卒学生412名に対して行ったアンケートをもとに、「効果的な説明会のあり方」についてお伝えしている。
前編では、最も志望度が上がった説明会・下がった説明会について、それぞれ選考に進む率が劇的に異なること、そして学生の評価が高かった説明会ランキング上位企業が押さえている3つのポイントをお伝えした。

下記に記す本コラムの後編では、会社説明会で陥りやすい重大なミス、そしてそのミスを防ぎ、
自社への志望度・理解度を高めるための効果的な働きかけについて述べる。

>「今、本当に求められている会社説明会を考察する(前編)」はこちら

■学生は説明会でしか得られないものを期待している
私自身も経験があるのでよくわかるが、会社説明会の場でのプレゼンテーションは大変難しい。
プレゼンテーションを難しくしている大きな要素のひとつに「参加学生の自社理解の深さに差がある」ということが言えるだろう。

プレゼンテーションを効果的に行うためには、下記の「3つのP」を抑えておかなければいけない。


 ●Purpose(プレゼンテーションの目的、目標、期待する成果)
 ●People(聞き手の数や事前の理解度)
 ●Place(会場、設備)


このうち、会社説明会を難しくしているのは二つめのPeopleの要素だ。
どうしても説明会には多くの人数に来てもらいたい。
しかし、説明会に来る学生の中には、事前にインターンシップやオープンセミナーでその企業と接触しており、

理解が深まっている学生もいれば、
ホームページも見ずに申込みだけして、とりあえず参加した、という学生も存在する。
中には、説明会の参加人数が少ないので、無理矢理呼び込んだような学生もいるかもしれない。

自社に対していろいろな理解度の学生が雑多に混じっている会場で、人事の方が犯しがちなのは、
「理解度が一番低い学生に合わせて話をしてしまう」
というミスだ。

ホームページを読めばわかるようなことを、読んでいない人のために一から説明する。
そのために、既にその企業のファンになっている、隅々までホームページを読んできたような学生を

がっかりさせてしまうことがある。




上のグラフを見ていただきたい。これは09卒の学生に、「説明会で知りたいこと・聞きたいこと」を聞いたグラフだが、要望が多い順に、「他社との違い」「仕事内容」「社風・雰囲気」「現場社員の話」という項目が並ぶ。

これらの項目に共通している要素は何か。それは、

『学生は説明会でしか得られないものを求めて説明会に参加している』

ということだ。

他社との違いは、他社批判に繋がりかねないので、慎重に言葉を選んで直接伝える必要がある。
仕事内容はホームページなどでも伝えているが、
本コラムの前編でお伝えした「志望度が上がった説明会」上位3社のように、グループワーク等を通じて「仕事を疑似体験」できるような説明会を求めている。

社風・雰囲気・現場社員の話。これらは、実際に社員と接することでしか得ることはできない。

いずれも、学生にとって、説明会でしか得られない情報ばかりだ。

志望度が高い企業であればあるほど、「説明会でしか得られないもの」を学生は期待して来ている。
志望度が高く、よく研究してきている学生は、そうでない学生よりも採用ターゲットとなる可能性は高い。
これらのターゲット人材を集め、わざわざ「求めていない話」をするのは、採用活動において逆効果だ。


■「説明会前」に参加者の理解度・志望度を高める


最近の説明会では、ある程度事前に企業の理解を深めた上で参加してもらうという活動が重要になってきている。

私が昨年手がけた例では、早期に実施した「仕事体感セミナー」参加学生のみを対象として初回説明会を実施し、
そこから全内定者の3割が出たという実績がある。
また、2万人以上が志望する大手企業でも、東西で一回ずつ、1月に実施する「企業理解セミナー」に参加した学生から、数十人単位の内定承諾者が出ているという事例もある。

理解を深めるために、グループワークは一定の効果がある。

参加者全員をある程度「仕事理解」させた上で、プレゼンテーションや社員との座談会に繋げることができるからだ。
したがって、もし導入できるようであれば、説明会に簡単なグループワークを入れ、学生自身で考え、
企業理解してもらうような中身にすることが効果的だ。
もし、それが難しいようであれば、自社のターゲットをきっちり絞り、学生の自社に対する理解度を極力高めた上で、説明会に集め、話をするのが望ましいだろう。

昨年、あるコンサルティング会社が3タイプの異なる説明会への参加を必須とした。
この企業は、説明会への参加人数こそ減ったものの、選考の通過率は大幅に向上し、結果的に採用活動は大成功に終わった。
これなどは、説明会に参加する学生の「意欲・志望度」を高めた上で、更に徹底的に企業理解をさせ、

選考に繋げるというやり方で、ターゲットを絞った採用活動の成功例と言えるだろう。

あなたの会社の説明会はどうだろうか。

・説明会に参加する学生の志望度や理解度を一定に高める工夫をしているだろうか。
・参加した学生の志望度・理解度を一定レベルまで高めるようなグループワークなどを導入しているだろうか。
・自社への志望度・理解度が高い学生を対象にしてプレゼンテーションをしているだろうか。

これを機会に一度見直してみると良いかもしれない。



この記事を書いた人
福井 信英
福井 信英

株式会社プロジェクトデザイン 代表取締役

大学卒業後、経営コンサルティング会社に勤務。学校法人のコンサルティングを手がけたことをきっかけに、人材育成に強い関心を持つ。3年間の勤務を経て、人材に関わる仕事を一生の仕事にすべく、株式会社ジョブウェブに転職。以降、新卒事業部長、キャリア支援事業部長を歴任。中でも体験を重視した研修教材の作成に力を入れ、東証一部上場企及び、急成長中のベンチャー企業を中心に、開発した教材が続々と導入される。2010年、株式会社プロジェクトデザイン( www.projectdesign.co.jp )を設立。現在は東京と富山にオフィスを設け、全国各地の企業の人材育成を支援している。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る