menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 会社説明会のプレゼンテーションは誰向けに話す?

会社説明会のプレゼンテーションは誰向けに話す?

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2009年4月26日

プレゼンテーションにおける3つのP

プレゼンテーションを効果的に行うためには 、3つのPに注意するべきであるといわれている。

  • Purpose(プレゼンテーションの目的、目標、期待する成果)
  • People(聞き手の数や事前の理解度)
  • Place(会場、設備)
    このうち、会社説明会を難しくしているのは二つめのPeopleの要素だ。

    どうしても説明会には多くの人数に来てもらいたい。
    しかし、説明会に来る学生の中には、事前にインターンシップやオープンセミナーでその企業と接触して、 理解が深まっている学生もいれば、採用HPも見ずに申込みだけして、とりあえず参加したという学生も存在する。
    中には、説明会の参加人数が少ないので、無理矢理呼び込んだような学生もいるかもしれない。 


  • 会社説明会開催前後の情報提供を工夫する 

    自社に対していろいろな理解度の学生が雑多に混じっている状況で、やってしまいがちなのは、「理解度が一番低い人に合わせて話をしてしまう。」とい うミスである。

    ホームページを読めばわかるようなことを、読んでいない人のために一から説明する。
    そのために、既に自社のファンになっている、隅々までホームページを読んできたような学生をがっかりさせてしまうことがある。

    参加学生の自社に対する理解度にばらつきがある状態は避けられないのかもしれない。
    その状態になった時に、参加前、会場に来てから、参加後の情報提供を工夫することで会社説明会で話すことはシャープになるのではないだろうか。

    会社説明会で話すことを明確にするためにも、誰向けに話をするのか明確にすることからすべては始まるのではないだろうか。


    プレゼンテーションにおける3つのP
    toranomaki2-1-2_021


    参加学生のバラつきtoranomaki2-1-1_06



    この記事を書いた人
    Jobweb編集部
    Jobweb編集部

    採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

    ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

    お問い合わせ

    採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ

    資料ダウンロード

    会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
    資料ダウンロード

    ジョブウェブについて

    ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
    ジョブウェブについて詳しく知る