menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 会社説明会の形式は「説明」ではなく、「コミュニケーション」を意識する

会社説明会の形式は「説明」ではなく、「コミュニケーション」を意識する

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2009年4月26日

説明会とは「説明する場ではなく、コミュニケーションする場である」

説明会を単純に「会社について説明する場」だと認識していては50点である。もちろん、 社会人経験のない学生に対して、会社(自社)をわかりやすく説明することは重要である。

しかし、それだけでは単調な説明会になりかねない。
このような企業のWebサイトに書いてあるような表面的な「会社説明」では、学生としても、選考を希望する気持ちは高まらない。

企業選びのポイントとして、人や雰囲気の良さを挙げる学生は非常に多い。
そんな中、 説明会を一方通行の説明の場にするのではなく、相互にコミュニケーションする場とすることが重要になってきている。


スクール形式ではなく、グループ形式

学校の授業のような、あるいは株主総会のような「スクール形式の説明会」は、あまり オススメできない。どうしても、参加学生は受け身の姿勢になってしまうからだ。

そうではなく、自然と学生同士、あるいは企業担当者と学生が話せるようなグループ形式が望ましい。
参加人数が多い場合は、最初はスクール形式にすることはやむを得ないが、質疑応答の時間はブース形式にし、コミュニケーションが活発になるよう工夫をするなど、できる限りコミュニケーションのとれる時間を作るようにしてもらいたい。


コミュニケーションを活発にする情報の開示

コミュニケーションを活発にするには、企業から積極的に情報を開示することもポイントとなる。

  • プレゼンターが冒頭で簡単な自己紹介をする
  • 社員座談会で登場する社員のプロフィールシートを配る
  • などの工夫が考えられる。

    運営に関わる話だが、説明会開始前の時間に学生に話しかける、学生同士で自己紹介をしてもらうなどの「雰囲気作り」も重要な要素であることを付け加えておく。

    toranomaki2-2-1_021



    この記事を書いた人
    Jobweb編集部
    Jobweb編集部

    採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

    ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

    お問い合わせ

    採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
    お問い合わせ

    資料ダウンロード

    会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
    資料ダウンロード

    ジョブウェブについて

    ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
    ジョブウェブについて詳しく知る