menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 会社説明会で伝える情報はマクロからミクロへ

会社説明会で伝える情報はマクロからミクロへ

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2009年4月26日

マクロ情報からミクロ情報


会社説明会で伝える魅力を明確にしても伝える順序がバラバラでは、学生に伝わった魅力が半減してしまう。それほど、説明会のプログラム設計、流れは重要である。

では、どのようなプログラムの流れが理想なのか?

結論を述べると、『マクロ情報からミクロ情報を伝える』ことだ。
言い換えれば、人間が物事を理解する時のフロー通りに説明会を進めてることである。

人間の脳の構造上、話の大枠(マクロ情報)がつかめないと、その詳細(ミクロ情報)は伝わりにくい。 

下に、マクロ情報からミクロ情報に落とす説明会の流れの一例を紹介する。
少しでも参考になれば幸いである。。


マクロからミクロの流れ例(業界説明~選考案内

流れ

ポイント

toranomaki3-4_051 ・学生同士がコミュニケーションしやすい雰囲気を作る
(グループで形式で座ってもらう、話しかける、自己紹介を促す)。
toranomaki3-4_07 ・説明会プログラムの全体構成を伝え、学生に大枠をつかんでもらう。
toranomaki3-4_08 ・自社の属している業界の説明とその中での自社の立ち位置や特徴、競合との違い、将来性を具体的に説明する。シェアや業界順位 等々の数値で表せるものは数字で説明する。
toranomaki3-4_10 ・どのような理念や思いで会社が存在しているか、また、その理念の元どのような事業を行っているのか、具体的なビジネスモデル等々、業界から話を会社へと落とし込む。
toranomaki3-4_11 ・『そのような仕事をこなす「人」を紹介します』という流れで、社員座談会に移る。または、働く環境(オフィスや平均年齢や先輩、後輩の仲等々)を伝える。
toranomaki3-4_12 ・上記の座談会に参加した社員を例に挙げて、入社後のキャリアを説明する。
忘れずに、会社の制度や福利厚生、研修制度も説明する。
toranomaki3-4_14 ・説明会を通して、少しでも興味を持った人は、是非自社を受けて欲しいという旨をストレートに伝える。求める人物像や選考スケジュールもあわせて伝えることで、学生に『選考』についてイメージしてもらう。
toranomaki3-4_16 ・説明会に参加してくれたことに対して、丁寧なお礼をする。
・次の選考(1次面接等)の予約受付を説明会終了後に行うと、選考歩留まり率が向上する。




この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る