menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 人間の脳の構造に沿った告知ページの流れの作り方

人間の脳の構造に沿った告知ページの流れの作り方

2009年1月12日

人間の脳の仕組みから、告知文を作成する

前節「3-4」で学生は「読まない、信じない、行動しない」という実情があることを理解して頂けたと思う。それを踏まえ、この節からは、学生に「読んでもらう工夫」「信じてもらう工夫」「行動してもらう工夫」を伝えていきたい。

それにあたり、まずは全ての前提となる部分を知ってもらいたいと思う。

それは、人間の脳に合った告知をライティングすることで、自然に学生に告知を読んでもらえ、信じてもらえ、行動してもらえるという点だ。

これだけでは、何が何だか全くわからないと思うので、もう少し、具体的に述べる。次のページを見ながら確認して頂きたいのだが、人間の脳はその進化の過程から、「爬虫類脳」「哺乳類脳」「人間脳(右脳、左脳)」といった三つに分類される。

この論を唱えているアメリカのポール・マクリーン(Paul MacLean, 1913~)によると、この3つの分類は、人間の進化の順序で形成された脳の構造で、現代の人間もこの脳をそれぞれを持ち合わせているのである。

これらは全て繋がっていて、告知において、爬虫類脳(生命維持を司る脳)⇒哺乳類脳(快・不快を司る脳)⇒人間脳(直感やロジックを司る脳)の順番で、文章を構築しなければ、読者は読まないし、信じないし、行動しないのである。

詳細を以下にまとめたので、是非ご一読いただきたい。


syuukyaku3-5





資料請求
お問い合わせ

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る