menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 会社説明会やOB・OG訪問ではどんな社員をアサインすべき?

会社説明会やOB・OG訪問ではどんな社員をアサインすべき?

古波倉 正嗣
古波倉 正嗣
2014年2月24日
OB・OG訪問や会社説明会に限らず、ソーシャルメディア上での露出を含めて、いかに適した社員をアサインできるか?の重要性は年々増しています。

社員

今回は、新卒採用の舞台に立つ社員に必要な人物像に関してご紹介します。


OB・OG訪問や会社説明会ではどんな社員をアサインすべき?の回答
OB・OG訪問と会社説明会は、企業と学生を直接的に結ぶ「接点」である。

学生との「コンタクトポイント」と表現してもよいだろう。どのような人物をそのコンタクトポイント(=学生との接触点)にアサインすれば、効果的な採用活動となるのだろうか。

まず、前提としての話になるが

「学生だから」「若者は」「いまどきの若い奴は」などといった学生を下に見る価値観では消費者サービス慣れした学生の心をつかまえることはできない。学生をエンドユーザー、顧客と捉え、あらゆる採用プロセスにおいて自社の価値を届ける対象と認識してこそ、「客受け(=学生受け)」する採用活動を演出できるのだ。

採用の時期になると、喫茶店などでOB/OGと面談している学生をよく見かける。時折、訪問を終えた学生が集まってその日の訪問について雑談している場面にも遭遇する。

また、私は学生セミナーで学生に直接質問して「OB/OGと会ってみてどうだった?」と訊き、本音を探ることもしている。同時に、学生セミナーの現場では、説明会に参加した経験のある学生とも雑談をしながら「説明会に参加してみてどうだった?」と聞いたりして、学生の目線で見た説明会についての情報も集めるように努めている。雑談という本音が出やすい心理状況を設定して学生の本音を聞いているわけである。

以上のことを10年以上(採用現場で仕事をしている人達とのやり取りを含めて)行っている。その中で、気がついたり発見したりしたポイントを今回はご紹介したい。


OB/OG訪問でアサインすべき人物像 

次の2つの条件を満たす人物が理想だろう。

1)戦略的雑談力のある社員
2)入社3~5年以内のロイヤリティの高い社員


第一の条件、戦略的雑談力とは単なる雑談とは違う。

「どのような学生に対して会社のどのポイントを印象付けると、わが社を好きになってもらえるか?」の視点で、賢く楽しく雑談ができる社員を意味している。つまり、とりとめのない話と本題を行ったり来たりしながら印象形成をできる人物だ。脱線、余談を交えながら、学生から質問や意見を引き出しつつ、学生の言葉や認識を土台に話を膨らませながら、切り込んでいくセンスの良さもあると、なお効果的だろう。

自分のことしか話さないとか、ただ学生の意見を聞いているだけの偏ったコミュニケーション力しか持ち合わせていない人物をアサインしてはいけない。学生にとっては、卒業生であるOB/OGは「将来の自分」なのだ。よく話を聞いてくれるし、話が面白い。この印象を意図的に伝える能力が戦略的雑談力である。

第二の条件は、入社5年以内のロイヤリティの高い社員である。

会社へのロイヤリティが高い社員は、就職活動中の学生からすれば理想の社員である。学生は、「どこの会社で働きたいか?」という欲求(感情)で会社選びをしている。

OB・OGとの面談においても、「この先輩は会社が好きなのだろうか?」という気持ちで社員を見ている。先輩の話す姿、内容に対して「好き嫌い」で敏感に反応するのである。(学生とのコンタクトポイントにアサインされた)社員に会社ロイヤリティをあまり感じられないと判断した時点で、会社への魅力もなくなってしまうのだ。

ロイヤリティの高さに加えて所属年数も大切な要素だ。学生と学生目線で話せる限界は会社経験3~5年以内と捉える方が現実的だ。この年齢を超えてしまうと、学生の感情、体感がつかめない。その結果、学生も「入社してからの自分」をイメージすることが難しくなる。

さらに、入社3~5年以内の社員だと、自分自身の就職活動のこともよく覚えているので、学生に対して就活アドバイスも可能になる。当然、アドバイスをもらった学生は会社に対して好印象を持ちやすい。


会社説明会で用意すべき人物像

会社説明会で学生の心をつかむには、説明会という「現場」を学生の目線でその「動線」を確認することから始めたい。動線上にどのような人物を配置すれば企業イメージの向上に寄与するのだろうか。主なコンタクトポイントは3つある。

1)ファーストコンタクトポイント:
最初に学生と接触するポイント(外部案内と受付)

2)ミドルコンタクトポイント:
司会者、プレゼンター、それを見ている他の社員

3)ファイナルコンタクトポイント:
最後に学生と接触するポイント(受付)

この3つのポイントで学生の印象形成を狙う。重要なのは、最初と最後(ご存知の取り、人の印象を決めるのは、出会いの最初と最後だ)。

どのような人物を配置するかでミドル(中盤)におけるプレゼンの印象上の良し悪しも決まってくる。理想的な人物は、常識的かつ単純だ。

ファーストコンタクトポイント及びファイナルコンタクトポイントでの人物、いわゆる「受付(レセプショニスト)の要件は次の通り。

<受付者の要件>
・八方美人(良い意味での)
・気遣い心遣いのできる人
・笑顔が自然に出る人
・身なりがきれいな人
・臨機応変な対応ができる人
・ハッキリと物事が言えるが物腰の柔らかい人
・学生と同じ目線に立つことができる人

続いて、ミドルコンタクトポイントにおける人物像について見ていこう。

<司会者の要件>
・人前に話しことが得意な人
・声がよく通る人
・身なりがきれいな人
・臨機応変な対応ができる人
・時間管理ができる人
・行動的な人
・眠気に強い人

プレゼンターの要件を確認したい。

<プレゼンターの要件>
・人前で話ができる人
・話の内容に精通している人
・仕事以外の話も上手な人
・声がよく通る人
・時間に正確な人(集合時間、説明時間)
・例え話しが上手な人
・人受けが良い人
・学生に対して応援モードな人
・愛社精神が強い人
・他社を下げることを言わない人
・採用活動を重要視している人

以上。

つまるところ、会社説明会とは企業コンペなのである。学生という「顧客」に対して、自社という「商品」を買ってもらうための競争。これが会社説明会なのだ。したがって、説明会においては、上記の要件を満たす社内(人事部を含んだ)のベストメンバーを揃える必要がある。

また、場合によってはリハーサルを行い印象形成の度合いを確認したり、あるいはプレゼンテーションのトレーニングを実施したりすることも必要だろう。学生という顕在顧客を心つかむためにできることはいろいろとあるはずだ。

「企業は人だ」というのは、使い古された言葉かもしれない。

が、企業でそれなりに働いてきた人にとっては真実だろう。「人は難しい」これもまた真実。採用活動は、この「人」を「人」でつなぐ場面・舞台なのだ。その中でも特に、OB・OG訪問と会社説明会は「人がモノを言う世界」だろう。どのような人物を学生とのコンタクトポイントに送り込めるか?そこが問われている。

次ページ:会社説明会運営で事前に準備すること

会社説明会 企画ノウハウ一覧はこちら
この記事を書いた人
古波倉 正嗣
古波倉 正嗣

ヒューマンキャピタル・イニシアティヴ代表
株式会社マンゴーズ シニアアドバイザー
国際ディベート学会公認 ディベートトレーナー

現在、企業、官公庁研修所、自治体等 において、「思考力強化/コミュニケーション力強化」をテーマに、問題解決手法、論理的思考法、ディベート(日本語/英語)、プレゼンテーション(日本語/英語)、ビジネスライティング(日本語/英語)等、様々なプログラムの開発及び指導を行う。企業研修も多く人事との交流も深い。学生向けの就職活動支援セミナー講師歴は約15年になる。問い合わせ先:kohakura.masa@gmail.com

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る