menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. ベトナム人採用の秘訣Vol.1 ベトナム人留学生が日本に来る「本当のところ」とは?

ベトナム人採用の秘訣Vol.1 ベトナム人留学生が日本に来る「本当のところ」とは?

Ho Hai Yen
Ho Hai Yen
2013年8月5日
初めまして!
HRインスティテュートという日系のコンサルティング会社で働く、Yenです。
ベトナム人です。

現在、私は日本で3つの活動をしています。
1.ベトナム人への就職支援
2.日本企業へのベトナム進出支援
3.日本人向けのベトナムでの研修ツアー企画

今後、ベトナムにいるベトナム人や日本に滞在しているベトナム人留学生についての
情報をコラムを通じてご提供させていただきます。
コラムの内容についてご興味がありましたら気軽に声をかけて頂ければと思います。

◆ベトナム人が日本へ来る理由とは?
2013年、来日ベトナム人留学生が急激に増加しました。
現在日本全国で学習するベトナム人留学生の数は4,300名を超えています。
この留学生の数は中国、韓国、台湾に次ぐ4番目となっています。

4年前のベトナム人来日留学生数は第7位でしたが、この数年の間に第4位へ急上昇し、
現在、ASEAN地域の留学生の話をする際は、ベトナムが中心的存在となっています。

ベトナム人が日本に来る理由はたくさんありますが、今回は主に下記三つの理由ををお伝えさせて頂きます。

1)日本の技術や取り組みへの興味・関心

tora1_kiku


ベトナムでは、戦後、日本は短期間の経済成長で世界経済第2位の大国となり、
アジアのリーダーと認識されています。

日本はどのようにして、あのようなスピードで発展したのか、
多くのベトナム人は日本に対して興味を持っています。

ベトナムもいつか日本のように発展したいという思いから、
日本における高度な技術・取り組みなどを学びたいとベトナム人は考えています。

2)日本文化への興味

tora1_kiku


ベトナムでは、日本の漫画やアニメが大変人気です。
日本の文化や日本人の習慣は漫画・アニメに反映されており、
それにより、日本文化を興味を持つベトナム人は多くなりました。

私は小さい頃から「ドラえもん」を読んでいましたが、友人も私も
いつかドラえもんの舞台になった国に行きたいという夢を持っていました。

文化はメディアを通してだけでなく、実際に体感・実感することが大事だと思っています。
日本で生活することは、様々な文化や習慣を自然と理解できるようになります。

現在、多くのベトナム人が日本へ訪れていますが
日本の文化、習慣を楽しみながら、生活をしています。


3)将来の収入

tora1_kiku


発展途上国に生まれたベトナム人は、海外に出たいという願望が高いです。
先進国である日本へ留学したら、ベトナムでは優秀と判断され、高く評価される場合が多いです。

日本で就職する場合はもちろん、ベトナムに帰国し、就職しても高い収入がもらえます。

私は中学生時代から先進国の日本にずっと憧れていました。
今後も日本に憧れて留学の道を選ぶ学生は多くなると思います。

私は日本で頑張っていこうとしているベトナム人をこれから応援していきたいと思っています。

◆今後は、下記のようなテーマでコラムを書いていきます。
・3.11以降、日本へのベトナム人留学生数が急増しているわけ
・ベトナム人を採用するメリットとは?
・今後のベトナム市場の見込みとは?
・ベトナム人が殺到する、在越日系企業のマネジメント事例

引き続き、宜しくお願いします。
この記事を書いた人
Ho Hai Yen
Ho Hai Yen

株式会社HRインスティテュート

ホーチミン市人文社会科学大学日本学科卒。
<職歴・前職での専門分野>日系ガラスメーカー勤務の後、東京福祉大学社会福祉学科に2年間留学。帰国後、国内のソフトウェア会社にて通訳業務に従事。2009年〜HRIベトナムの立ち上げに参画。担当分野は通訳・翻訳、各種研修ツアーコーディネート、研修プログラム開発。
2013年6月 HR インスティテュート赴任(日本)。<主な担当実績、分野>ベトナム人への就職支援。日本企業へのベトナム進出支援。日本人向けのベトナムでの研修ツアー企画。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る