menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 学生から支持されるインターンシップ事例(アビームコンサルティング株式会社)

学生から支持されるインターンシップ事例(アビームコンサルティング株式会社)

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2013年10月3日
「本当に学生の成長に繋がるインターンシップを広めたい。」

この思いのもと、ジョブウェブでは学生の皆様から好評のインターンシップに関しまして、主催企業5社のご担当者様にインタビューさせていただくという企画を実施致しました。

本インタビュー記事は2013年春に、就職サイトジョブウェブ上で公開された内容です。記事を一読頂ければ、インターンに人気が出たのは運や偶然ではなく、必然であったことが分かります。ぜひ、インターンシップの企画・設計・運用にご活用下さい。

1社目はアビームコンサルティング株式会社。


日本に本社をおき、世界28ヶ国に広がる拠点をもつ、日本発、アジア発のグローバルコンサルティングファーム「アビームコンサルティング」。参加した学生から「満足度100%」の反響を得た人気のインターンシップの舞台裏を訪ねます。


コンサルタントの仕事の魅力を一人でも多くの学生に伝えたい

Q:インターンシップを通じて、学生に伝えたいことは何でしょうか。

コンサルタントという仕事は、企業の経営革新に関わることができるダイナミックでチャレンジングな仕事です。クライアントの課題解決のために、徹底的に考え、議論し、今ベストな解決策だと考える施策を実行し続けた結果として、目的を達成できたときの達成感や感動は計り知れないものがあります。

また、コンサルタントという仕事は、私たち1人ひとりが高い価値をお客様に提供する事が常に求められています。それを支える仕組みも充実しており、自分を成長させるチャンスにも満ちています。こうした仕事の魅力をインターンシップで伝えたいと考えています。

コンサルティングという仕事はBtoBのビジネスですし、学生の皆さんが、普段接することはほとんどありません。コンサルティング業務に対する認知度はまだまだ低い。だからまずそのリアルな姿を伝えなくては、と思っています。

さらに、インターンシップは、学生の皆さんが将来のキャリア形成を考えるきっかけとなる場と考えています。私自身、学生時代のインターンシップ体験が、その後の仕事観にずっと影響を与え続けています。当社のインターンシップで、”目標の高い仕事をやり遂げるって、とても楽しいことなんだ”と、気付いてもらえるとうれしいですね。


現役コンサルタントと共にやり遂げる5日間

Q:昨シーズンのインターンシップについて教えてください。

インターンシップは1プログラム5日間です。定員は最大30名で、昨年は夏と冬に実施しました。プログラムは実際に当社が取り扱った事例をベースにしています。第一線で活躍するコンサルタントと共に、問題の分析、ソリューションの企画・プレゼンテーションを行い、コンサルタントの仕事を疑似体験するものです。5~6名のグループに1名の現役コンサルタントが付き、いっしょに課題に取り組みます。

具体的なコンテンツは、この提案・企画業務の実習とそのための基礎スキルのトレーニング、そして現役コンサルタントとの交流と、大きく3つに分かれています。まずは実習とトレーニングを行い、その後にイベント・交流会などを行うスケジュールです。3日目に中間発表を行い、フィードバックを受け、ブラッシュアップした上で最終日にプレゼンテーションします。役員クラスのコンサルタントがクライアントとして提案を聞きますが、なかなか厳しい指摘が飛び交いますよ。インターンシップは学生の皆さんと参加する社員が互いの真剣な思いをぶつけ合う場です。結論が出るまで課題に取り組むチームに、担当するコンサルタントが最後まで議論に付き合う姿もよく見ました。

学生が納得いくまで付き合った後、社員たちは本来の自分の仕事に戻っていくんです。学生の熱意に社員が熱意で応える、その相乗効果で密度の濃いインターンシップを実現しています。


リアルな実習とコンサルタントを育成してきたトレーニングを連動。5日間で延べ約50名を超える社員が参画

Q:インターンシップ実施にあたり、こだわった点や工夫した点を教えてください。

問題解決、提案・企画業務の実習では、コンサルタントの仕事の影響力やダイナミックさを感じていただけるような、社会に影響力のある事例を選びました。スケール感ややりがいをリアルに感じてもらえたと思います。

基礎スキルのトレーニングは、当社のコンサルタントが実際に受講している、当社独自の「ビジネスコアスキル研修」を凝縮して作成しました。講師も実務を担うプロたちですし、実際にクライアントに提供している内容です。ここでビジネスのあらゆる場面で必要になる「考える」「聞く」「書く」「話す」各スキルの基礎を学びます。実習とトレーニングが連動するよう工夫してプログラムを作成しました。

たとえば、問題分析にとりかかる前にロジカルシンキングやファシリテーションのトレーニングを受けていただく、提案・企画書作成の前にドキュメンテーションのトレーニングを受けていただく、という形です。学んだことを即座に実践してみることで、プロのノウハウを実感していただけたと思います。

またいろいろな人と出会い、キャリアモデルの参考にしていただくため、社員がたくさん登場するようにしました。実習やトレーニングでの接点だけでなく、入社1~2年目のコンサルタントが登場する若手交流会や、経験豊富なベテラン・コンサルタントが登場する座談会などで、気軽に会話や質問ができる場を設けています。インターンシップの実施に直接参加したコンサルタントや講師の数は5日間で述べ約50名以上に上ります。


現役コンサルタントがインターンに協力してくれる理由

Q:準備では、特にどういった事に力を注いだのでしょうか。

参画する社員の調整には配慮が必要でした。現場を担っているコンサルタントたちに時間を割いてもらうのは簡単ではありません。しかし、参加するからには中途半端に関わるのではなく、フルコミットしてほしい。そのため参加する社員だけでなく、プロジェクトのメンバーや上長にも協力を得て、ぎりぎりまでスケジュールの調整に当たっていただきました。

人事の苦労というより、社員の方々の尽力に本当に感謝です。

なぜここまでやってくれるのか?当社の場合、学生の皆さんとふれ合い、語り合う価値を社員たちが知っていることが幸いしていると思います。社会人の私たちが学生の皆さんと接する機会はなかなかありません。社会人の先輩として、自分の仕事への思いや取り組む姿勢を学生の皆さんに語り、手本を示すことで、自分の今が整理され、意欲を新たにすることができます。皆さんとの接点は私たちそれぞれの自己成長の貴重な機会でもあるわけです。だから、優秀なコンサルタントがたくさん名乗りを挙げ参加してくれました。


仕事のおもしろさに気付いてもらえ「満足度100%」の評価

Q:インターンシップを振り返って、最も良かったと思うことを教えてください。

参加された学生の皆さんのアンケート結果を見ると「仕事っておもしろい」「コンサルタントっておもしろい」という感想をたくさん頂戴しました。夏季のインターンシップ後の調査では「満足度100%」という結果でした。

2011年の調査から2年連続の「満足度100%」の獲得です。狙った効果を発揮でき、しかも高い評価をいただき大変うれしく思っています。このインターンを通じてコンサルタントの仕事の魅力、さらには働いて成果を出すことの難しさや意味を体感して欲しいと考えています。何となく”仕事を体験した”で終わってしまっては、あまりにもったいない。

そこで、コンサルタントの仕事の中身を丁寧に伝える現在のようなプログラムを2011年度から開始しました。結果として、これが大正解でした。当社のインターンシップへのエントリーは大学生・院生すべての方にオープンです。1年生からでも構いません。それは就職活動の一環としてのインターンシップという概念で実施しているわけではないからなんですね。学生の皆さんに、仕事に対して本気で取り組みたいと思えるような気付きを得てほしいと、願って開いているのが私たちのインターンシップなのです。だから「おもしろかった」という反響は、本当にうれしいことです。


人に憧れるだけでなくキャリアは自分で築くものという視点も大切

Q:ありがとうございました。最後に、学生の皆さんへメッセージをお願いします。

働く会社を「社員で決める」という方がたくさんいらっしゃるように感じます。あの人のように働けたら、あの人のいる職場ならきっとやりがいに満ちている。そうやってキャリアのロールモデルを見つけ、それを目指すことは決して間違いではないのですが、そこに偏り過ぎないようにとアドバイスしたいですね。

「社員」という外的な要因にばかりに軸を置いて将来を決めるのは、危ういと思います。「自分がやりたいこと」という内的な要因、動機もしっかり固め、バランスをとることが大切ではないでしょうか。「キャリアは自分で築くもの」。自分だったら社会に出て、どのようなキャリアを築くか、という視点をもってインターンシップに臨み、たくさんの社員と出会うと深い発見ができると思いますよ。

この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る