menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. “経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか

“経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか

新治 嘉章
新治 嘉章
2015年2月16日

今回のテーマは、「“経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか」です。

このテーマの元、以下の流れでお伝えします。
・人事を経営視点で考えるということ
・“経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか

secret02


人事を経営視点で考えるということ

先日、日本の人事部のカンファレンスに参加し、「人事の潮流とこれからの人材サービスに求められること」をテーマにしたパネルディスカッションをお聞きしました。
そこで登壇されていたお一人がサイバーエージェント曽山さん。
藤田社長からすると、あそこまで人事のことを経営視点で考える方が内部にいることはどれだけ心強いことかと感じました。

人事は経営に密接する仕事であり、もっと近づいていくべき。
これは教育、採用、配置、評価など各方面からも言われていることですが、改めてそう感じます。

そんなことを感じていた同時期に、ある人事の方と打ち合わせの機会がありました。
その方もまた、会社を変革させるべく人事からアプローチされている方。

歴史ある企業の中で事業の良い面は活かしつつ、現代の流れと共にこれまでの仕事のやり方を変えなければ事業は伸びない。もしかしたら衰退してしまうかもしれない。

この状況の中、評価制度、教育研修などを刷新。さらに、新たな事業を小さく始め、そこに人を採用する。
そんなアプローチを取られていました。

このような人事の方にお会いすると貢献したい気持ちが高まる訳ですが、それは別視点で考えると同様のシチュエーションが少ないことを意味するのかと感じます。


“経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか

経営と人事。
経営者と人事部。

この間になぜ溝が起きてしまうのでしょうか。

以前から問題意識を感じていたこのテーマに、先日経営者向けの交流会で講演する機会をいただいたことをきっかけに深く考えてみました。

知り合いの人事の方に経営者に抱く要望をヒアリングし、定性的な情報ではありますが、
そこから原因を整理し、解決策を自分の考えられる範囲で整理いたしました。

せっかく整理したものでもありますし、今後も考えを深めていくためにも今回はその
プレゼンテーションスライドを公開いたします。

前回、発表後にいただいたご質問などからさらに考えを深めた内容を追記し、
プレゼンテーションの場合口頭でカバーするところを資料に落とし込んだつもりです。

まだ知識が浅い段階ではありますがが、考えが深まる度にこの資料は編集していこうと思います。

経営と人事がうまく噛み合っていない方にとって、なにかしら参考になれば幸いです。


“経営”と“人事”はなぜ分断されてしまうのか 問題提起と解決方法 from Yoshiaki Shinji

このコラムは、私自身がターゲット採用、ダイレクトリクルーティングを深く本質的に思考したい時にまだ情報が少ないと感じ、書き始めたコラムです。

私と同じくターゲット採用やダイレクトリクルーティングを嗜好する方や従来の大量に母集団を形成し、ふるいにかけるマス採用といわれる採用活動から脱却したい方にとって少しでも参考になれば幸いです。

新卒採用の基本設計コラム一覧はこちら

この記事を書いた人
新治 嘉章
新治 嘉章

株式会社ジョブウェブ 代表取締役社長

1984年3月 島根県大田市生まれ、千葉県柏市育ち。3児のパパ。2006年 株式会社ジョブウェブに採用コンサルタントとして入社。 スタートアップの新卒採用立ち上げや大手企業の幹部候補学生採用を支援。2013年7月より代表取締役社長就任し、就活の仕組みを変えるをビジョンに会社の変革に取り組んでいる。「仕事を楽しむ大人を増やす」が個人のコンセプト。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る