menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 新卒採用は、早期から動きだすことが重要なのか【新卒採用の未来】

新卒採用は、早期から動きだすことが重要なのか【新卒採用の未来】

新治 嘉章
新治 嘉章
2015年12月14日

「17卒採用はいつから始めるのが良いか」
「17卒採用を年明けから始めようと考えているがどうだろうか?」

ここ数ヶ月を振り返ると、このようなご相談を数多く受けてきました。実際には、この12月までに母集団形成を開始したいとしている企業が7割近く存在しており、また年明け、大学試験終了後から冬のインターンシップ開催のピークが訪れるようです(※)。

時期関係なく、学生が応募できる状況を作る

新卒採用は、早期から動きだすことが重要なのか?という問いに対する私の結論は、動き出しは早いほうが良いと考えますので、Yesです。

その理由を以下にお伝えしていきます。

1.理想は常に募集している状態をつくること
2.採用力を高め続けるためにも動き出しは早いほうが良い


1.理想は常に募集している状態をつくること

リクルートHDやライフネット生命、サイボウズが発表した新卒・第二新卒を分けない採用活動。私はこのあり方が理想的な採用活動だと考えています。それは、学生の大学生活の多様化による、就職活動の多様化が理由です。

学生生活の多様化の例として、ジョブウェブでは、海外インターンシップの支援や、プログラミング学習の支援をしています。海外インターンシップに参加する学生は、3ヶ月や半年、中には1年間という単位で滞在します。そのような学生にとっては、日本で就職活動に時間をとられることが現地のインターンシップで成果を出すための機会ロスとなるため、在学中は海外インターンシップにコミットし、その後日本で就職先を探しています。起業のためにプログラミングを学んでいる学生もいます。その学生にとっては、場合によっては起業してから就職、という考えもあります。

海外インターンシップをすることや在学中に起業することに対する考えは賛否ありますが、内容次第では良くも悪くもです。海外インターンシップや学生起業に限らず、学生生活中にできる多様な経験を、学生が自分自身で決断してその道を選ぶのであれば、私としてはそれは素晴らしい学生生活だと感じます。

学生生活が多様になると、学生が就職を意識する時期も多様になると考えています。そのためには、「就職しようかな」と考えた時期にいつでも応募できる状況である通年募集・採用が最適だと考えています。


2.採用力を高め続けるためにも動き出しは早いほうが良い

特に通年募集・採用においては「この時期にどのような学生と出会うか」を考え、施策を展開し、結果どうだったのかを施策毎に振り返り、次の施策に活かしていく。といったような“1シーズンで1度のPDCAだった採用活動”を“1シーズンで何度もPDCAを繰り返す採用活動”に変化させ、採用力を1シーズンで高め続けることが、「いつから動くか」を考えるよりも採用を成功に導くために重要なのではと感じます。

どんな施策を打てばいいのか、その答えは市場全体としてもまだ歴史が浅いため、正解はありません。むしろ、大事なのややり方ではなく、考え方だと思います。ある会社にとっては、社員も巻き込んだライトな食事会が成功するケースもあれば、自社と関連するテーマでの勉強会が成功するケースもある。一方で、毎月固定した日に会社説明会をやることで成功するケースがあるかもしれません。

自社に合う施策を見つけるためにも経験を積む。
そのためには、活動をスタートすること。その動き出しは早い方が良いのではと考えます。

通年募集・採用をもし実施するのであれば、学生にどのような情報や機会を提供するかを考えることになると思います。その際に、初期接触のやり方を会社説明会やインターンシップの枠組みにとらわれずに考えてみてはいかがでしょうか。

ターゲットとする学生の日常を考えた時にどう出会うのが最も自然か。私たちジョブウェブは今、インターンシップに取って代わる母集団形成施策にチャレンジし、実績を積んでいます。新しいチャレンジをしたいという方は是非お話しをさせてください。
(※調査参照: 採用活動の現状が分かるミニ調査Vol.07

この記事を書いた人
新治 嘉章
新治 嘉章

株式会社ジョブウェブ 代表取締役社長

1984年3月 島根県大田市生まれ、千葉県柏市育ち。3児のパパ。2006年 株式会社ジョブウェブに採用コンサルタントとして入社。 スタートアップの新卒採用立ち上げや大手企業の幹部候補学生採用を支援。2013年7月より代表取締役社長就任し、就活の仕組みを変えるをビジョンに会社の変革に取り組んでいる。「仕事を楽しむ大人を増やす」が個人のコンセプト。

関連する記事
表示する内容がありません

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る