menu
  1. トップ
  2. コラム
  3. アジア進出時の採用戦略。現地採用はどんな人を採用すべき?

アジア進出時の採用戦略。現地採用はどんな人を採用すべき?

今 啓亮
今 啓亮
2016年8月1日

いまや、海外に進出している日系企業の総数(拠点数)は7万拠点を超え、そのうちの70%をアジア地域が占めています。(2015年10月現在 外務省調査) このコラムでは、アジア進出を検討されている、もしくは今後その可能性があるかもしれないという企業の人事の皆さま向けに、アジアを拠点としてビジネスを行う上での人材戦略について、書かせていただこうと思います。

アジア進出時の採用戦略。現地採用はどんな人を採用すべき?

日本企業がアジアに進出をする際に、多くの企業が駐在員の方を一時的に駐在させることで拠点立ち上げています。ただ実際には、日本の給与+駐在手当+出張費などで、非常にコストが高く付いてしまい、損益分岐点が上がってしまうという声をよく聞きます。特に中小企業様にとっては駐在員を配置するほどのコストが維持できない状況もあるかと思います。 そこで今回はアジア進出時の足がかりとなる現地採用の戦略をご紹介させて頂きます。現地採用の日本人と、現地採用の現地人材に分けて書いていきます。

現地でどんな日本人を採用したら良い?

本社とのやり取りを考えると、最初の現地マネージャーは日本人がオススメです。海外拠点を管轄する部署や経営陣が、出張ベースでフォローをする体制が現実的でしょう。 どんな人材が良いかと言うと、フレキシブルに軌道修正ができる人材がベストです。最初の事業立ち上げ期においては、想定外の出来事がたくさん起きます。当初考えていたビジネスプランは、すぐに軌道修正が求められることになるはずです。そこで足を止めずに、どんどん変化に対応できる人材が理想的です。 ここで注意すべきは「現地相場」の給与を把握することです。国や都市によって、生活コストが違うため、日本人の給与の現地相場も大きく異なります。

現地人材はどんな人材を採用したら良い?

最初の1人目は組織拡大とともに、役職が上がりがちです。できれば給与を下げすぎずに、将来的にマネージャーに進めそうな人材を採用しましょう。最初からコストを抑えて採用してしまうと、管理のための労力がかかるので、ある程度ハイクラスを採用した方が事業は立ち上がりやすいです。 現地の文化や意見を聞くためにも早めに採用した方が良いです。ただしマーケットや現地事情についての意見は1人の意見として受け止めて、信じ過ぎないことも意外と重要です。1人の社員の意見だけを信じて、ビジネスプランを作ってしまう日系企業も実は多数あります。

現地ネットワークのハブとなる人材を採用するには?

アジアでは日本よりも人と人のネットワークが強く存在します。ビジネスの発展や、大きな事業推進のためにも、ネットワークのハブになる人を採用できると強い会社になります。その採用はどのようにすればよいのでしょうか? 実は非常にシンプルで、対象となるネットワークのど真ん中の人を採用することです。例えば、現地で日本語ができるネットワークがほしいなら、日本語学校の元教師やリーダー的な学生を採用します。例えば、物流業界のネットワークがほしいなら、最も大きな物流会社で活躍している方や元社員の方を採用します。 日本で言うならヘッドハンティングに近いかもしれません。現地人材のハブとなる方も自身の活躍の場を探しています。より大きなチャンスがあれば興味を示してくれるはずです。最初から無理と決めずに、思いきって中心人物にアプローチすることで、ハブとなる人材を採用することができるかもしれません。

まとめ

日本で実施するような、ある程度の方法が決まった採用方法とは全く異なることがおわかり頂けたかと思います。やはり現地人材の採用は、現地にある人材紹介会社を活用することが早いです。アジア拠点での日本人採用であれば、アジア専門の求人サイト“アジアダイレクト(http://asia-direct.jp/)”なども御活用頂ければ良いかと思います。 また、現在、どうすれば優秀な日本人の方をアジア拠点で採用ができるのか?というノウハウを集めたダウンロード資料『アジア拠点での日本人採用マニュアル』も公開しております。 良い人材が採用できれば、アジア進出の成功率はグッと上がるはずです。貴社のアジア進出の成功を応援しております。 >> 次のコラム 「アジア拠点を任せる日本人を新たに採用する場合の、3つの方法。

この記事を書いた人
今 啓亮
今 啓亮

株式会社BeGlobal 代表取締役
2013年にカンボジアで人材紹介会社を創業し、2015年には年間400名以上の入社実績を支援する会社まで成長させる。その後、日本に帰国し、アジア全域での日本人採用を支援する求人サイト“アジアダイレクト( http://asia-direct.jp/ )”をスタート。海外就職をしたい方とアジア進出企業のマッチングを行っている。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る