menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 海外で働きたい人ってどんな人?海外就職希望者の特長と、ニーズを汲んだ採用オファーのコツ。

海外で働きたい人ってどんな人?海外就職希望者の特長と、ニーズを汲んだ採用オファーのコツ。

今 啓亮
今 啓亮
2016年9月9日

株式会社BeGlobalの今です。弊社ではアジアで働きたい日本人の方を対象として、海外就職支援を実施しております。前回は、アジア拠点で日本人採用を実施するための手法「アジア拠点を任せる日本人を新たに採用する場合の、3つの方法。」をまとめさせていただきました。 今回は、その採用ターゲットとなりうる「海外で働きたい人」をテーマにお届けします。海外で働きたい人の中でも、あえてターゲット層を絞り特長をピックアップしてまとめてみたいと思います。

海外で働きたい人ってどんな人?特長とニーズを汲んだ、採用オファーのコツ。。

20代の第二新卒層

弊社に海外就職のご相談が一番多い層が、いわゆる第二新卒人材です。年齢としては20代で、一度、社会人経験をされていて、もともと海外志向の高い方がほとんどです。大学を卒業した後、新卒で海外絡みの会社に入ったのですが、自分の入った部署だと海外に行けなさそうだと気づいた、というケースが多いです。 海外支店があるからという理由で入社し、事務職になったら海外支店配属の道が無かった、というケース。海外拠点があるからという理由で入った会社で、海外配属までには5?10年かかると言われた、という方もいました。他にも海外勤務できると思って商社に勤務したが配属先が「鮭・いくら」を扱う部署で、駐在先がアラスカしかないんです、、というような形もありますね(笑) スキルとしては社会人経験2?3年という層なので、パソコンなどの基礎スキルはありますが、特定の専門スキルは無い方が多いです。ただ、実際には営業経験や事務経験が2年以上あれば、十分にアジア新興国では活躍できる人材だと考えています。 こういった方々は自分の働きたい場所で働く、ということが最大のニーズですので、年収は日本国内よりも下がって当然と考えています。ただし、単純な業務をこなすだけの仕事ではなく、スキル向上やキャリアが積めるようなやりがいのある仕事を求めているケースが多いです。 弊社のアジアダイレクトを使って入社された方々では、ベトナムで営業職や、マレーシアで支店立ち上げ期に入社されて活躍している方がいらっしゃいます。

50代の早期定年層

意外と海外就職のご相談も多いのが、50代の方々です。定年したら海外移住をしようと思っていて、早めに仕事を辞めて海外で働きたいというイメージです。やはり勤務先としてはマレーシアやタイなどの国が人気です。 もしくは過去に海外駐在経験があり、日本に戻ってきたがやはり海外で働く方が合っていると考えた方なども当てはまります。その場合の最大のネックは日本での給与に比べると、現地での給与額は相対的に下がってしまうことです。経験が活かせることや海外でのやりがいについてオファーができれば、現地給与に合わせる形で海外勤務が実現できます。

30~40代の海外就職は?

もちろん30~40代の方々もご相談を頂きます。ただこの層の方々は個別の事情が多く関わっている気がします。例えば下記のような理由などをイメージして頂くと良いかと思います。「結婚相手がアジア駐在になったので自分もその国で働きたい。」、「どうしてもその国が好きで住みたい」などですね。特長として共通のものはあまり無く、個別の理由によって海外就職を決めています。 社歴やキャリアが綺麗に積めていない方でも、実際に働いてきたスキル面や経験を評価して頂くと採用の幅が広がると思います。すぐにマネージャー層として活躍して頂けるのは、やはり30?40代の方々が多くなります。

まとめ

海外で働きたい人にはどんな特長の方々がいるのか、イメージして頂けたでしょうか?海外就職となるとやはり国内転職よりもハードルが高いので、ライフステージによっても動機が変わってきます。海外採用については年収面だけではなく、その個人個人に合わせたニーズを掴み、「自社ではどんなことができるのか」という、やりがいについてのオファーをして頂けると良いかと思います。 上記はあくまでも共通化できる部分をピックアップしたものなので、ご参考までにお願い致します。もしアジア拠点で日本人採用をしたい場合は、事前にターゲット層を決めることも大事なので、是非『アジア拠点での日本人採用マニュアル』も合わせてご覧頂ければ幸いです。

この記事を書いた人
今 啓亮
今 啓亮

株式会社BeGlobal 代表取締役
2013年にカンボジアで人材紹介会社を創業し、2015年には年間400名以上の入社実績を支援する会社まで成長させる。その後、日本に帰国し、アジア全域での日本人採用を支援する求人サイト“アジアダイレクト( http://asia-direct.jp/ )”をスタート。海外就職をしたい方とアジア進出企業のマッチングを行っている。

関連する記事
表示する内容がありません

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る