menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 【採用あるある】実際に やってみたら 結果出た

【採用あるある】実際に やってみたら 結果出た

ジョブ吉
ジョブ吉
2017年3月10日

【採用あるある】では、

採用担当者が日々の業務の中で経験する「あるある」について、採用担当未経験のジョブ吉が、採用担当経験豊富な直子(なおこ)先生からアドバイスをもらう様子をお届けします。

それではどうぞ。

採用あるある

実際に~
やってみたら~
結果出た


これは要するに・・・

回想シーン

<回想シーン>
採用担当A田:S藤パイセン!

S藤と呼ばれた男:おい新人、俺はお前の上司だ。ちょっとは敬え!

A田:うっす。そんなことより、明日はいよいよ俺の会社説明会の司会進行役デビューじゃないっすか?

A田の上司のS藤:おう。

A田:エントリーが40人が入っているんですけど、当日は何人ぐらい来ますかね?

S藤:まぁ、ドタキャンとかあるから歩留まりは5割。このままいけば20人ってとこだ。

A田:えっ、少なくないっすか?

S藤:ふー、これだから新人は…、いいか? 俺たちの諸先輩方の仕事の結晶ともいえる過去データが「エントリー後の参加率が5割」だって言っているんだよ!

A田:ふーん、そうなんですか? ちなみに「明日は、会社説明会ですね、よろしく~」つって、開催前日のリマインドメールとか送っているんですか?

S藤:やってるよ。5年前からやってるよ。

A田:じゃあ、リマインド電話はしているんですか?

S藤:お前、頭は大丈夫か? 今は21世紀だぜ。電話なんて古いんだよ。俺の頭の中の過去データが「リマインド電話の効果が出ないことは7年前に証明された」って言っているんだよ! だから、リマインド電話なんて意味のないことは、やらなくていいぞ。

A田:やるだけやってみていいっすか?

S藤:よきにはからえ。

A田:御意。


~会社説明会、当日~

A田:ふー、受付業務も大変っすね。あと5分で開始なので受付を締めますか?

S藤:お、おう。

A田:なんだかんだで、エントリー40人中36人参加ですね。歩留まり9割か。何でもやってみるもんですねっ

S藤:う、うん。

A田:パイセン、今日はなんだか歯切れが悪いようですけど、頭は大丈夫ですか?

S藤:ぎゃふん!


・・・もわわわ~ん、ってことですよね? 

教えて直子先生!


直子先生のアドバイス

直子先生:これは「あるある」よ。あるあるの中のあるあるね。意味がないと思っていたことでも、やってみたら意外に効果が出ることがあるのよね。

ジョブ吉:かなりのあるあるですね。

直子先生:・・・。

ジョブ吉:?

直子先生:・・・・。

ジョブ吉:直子先生?

直子先生:わたし、思うの。

ジョブ吉:どうしました?

直子先生:昨日と同じ今日、今日と同じ明日じゃ、つまらないってね!

ジョブ吉:力強いですね。

直子先生:過去の採用担当者が積み上げきたやり方やデータを参考にしつつも、ちゃんと、今の時代、今の状況に合わせてやり方を変えるべき!改善するべきなのよ!

ジョブ吉:はい。

直子先生:要は「既存のやり方で、そこそこの結果を出せる」という状況が改善の意識を蝕んでいるのだと思うの。だから、新しいやり方を試行錯誤することに意味を感じられなくなっちゃう。

ジョブ吉:新規事業などがそうですが新しいことって試行錯誤しても大体失敗しますからね。そういった意味でも「そこそこの結果が出せる既存のやり方」は偉大ですよね。安心感があるというか。

直子先生:・・・(人はそれを「ぬるま湯」と言うわ)。

ジョブ吉:直子先生?

直子先生:そうね…、でも失敗しても失敗しても諦めずに改善を続けていった先に、新しいやり方を見出だすことができて、結果的に「最高の結果」や「かなりいい結果」を引き寄せることができる。そう信じて頑張ることが大切だと私は思うわ。

ジョブ吉:新しいやり方を試行錯誤するのは大変ですけど、リマインド電話のような古典的なやり方が今の時代にマッチすることもあるってのは、希望がありますね。

直子先生:そうね。過去の採用活動でやってきた施策を再評価するのって、かなりとっつきやすいから、お勧めよ!

ジョブ吉:直子先生、話は分かりました。で、実際に直子先生がこういったもわわわ~んなシチュエーションに遭遇したら、どうなんです?

直子先生:新人A田はナイスガイね。上司を恐れずにチャレンジする姿勢は、昔の私を見ているようだわ。彼は伸びるわよ、ふふっ。

ジョブ吉:いえ、新人A田のことではなくて、直子先生が上司のS藤の立場だったらどうですかと聞いています。

直子先生:そうね。

ジョブ吉:はい。

直子先生:生意気な新人は握り潰すわ。

ジョブ吉:貴重なお話ありがとうございました!


お勧めコンテンツ紹介

◆人事インタビュー
「他の人事が何を考えているのかを知りたい」。そのシンプルなニーズに答えるのが、人事インタビューです。ご興味があるテーマがあればぜひご覧ください。

Vol.23「その説明会に魅力はあるか。学生視点に立てば説明会の内容も変わる。

Vol.22「効果が出た施策だからこそ毎回変える。インターンシップの改良方法。

Vol.21「学生の経験が社会にどう活かされお金を生むか。その接続の提示が企業側でできること

Vol.20「母集団形成数は虚栄の指標?!インターンシップ参加者から口コミをつくる企画のポイント

Vol.19「長期インターンシップ生の評価や退職など、受入後の細かい話

Vol.18「『学生』のフィルターを外し、信じて任せる。それがガイアックス流の長期インターンシップ受け入れ術

Vol.17「長期インターンシップ、驚きの活用事例。同時期に70名を受け入れる理由と方法

Vol.16「できたら面白いよね・・止まりになりがちな新しい採用施策の試み。どうやったら実現できる?

Vol.15「自社に入る、入らないは考えず、学生の成功だけにフォーカスする。効率重視から、学生と向き合うスタンスへ。

Vol.14「自社らしい新卒説明会を追求したらメタルLIVEになった

Vol.13「IT業界なのに、IT業界フックで集まる学生にターゲットが少ないのは何故?

Vol.12「新卒採用コンサルティング会社が必要な時はどんな時?考えられる2つのパターン。

Vol.11「間に入って全体をディレクション。私が目指した採用担当者のスタンス。

Vol.10「採用担当者の引き継ぎ。ポイントは、採用活動の『型』をつくること。

Vol.9「新卒1期生採用の成功要因に学ぶ、採用力を組織で高める方法。

Vol.8「兼務でやっている新卒採用、どうやって両立している?

Vol.7「職種別採用のメリットは何?どんな会社が向いてる?

Vol.6「学生との距離感は、学生が描くゴールに向かっていく伴走者が理想的

Vol.5「やりたいことが凝り固まっている学生のほぐし方

Vol.4「自社の事業内容が複雑で学生には伝わりにくい!そんな時の対処法。

Vol.3「採用したい人材を見極めるための、エントリーシートなどのテキスト情報の読み方

Vol.2「オファー、スカウト型サービスが向いている人事はどんな人?

Vol.1「グループワーク選考が合う会社、合わない会社

この記事を書いた人
ジョブ吉
ジョブ吉

ジョブウェブ公認キャラクターのジョブ吉です。就職活動をしている人、採用活動をしている人。それぞれに対して心から役立つと思える情報をお届けしていくYO!

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る