menu
  1. トップ
  2. コラム
  3. 【採用あるある】集客は 採用支援会社に お任せだ

【採用あるある】集客は 採用支援会社に お任せだ

ジョブ吉
ジョブ吉
2017年6月9日

【採用あるある】では、

採用担当者が日々の業務の中で経験する「あるある」について、採用担当未経験のジョブ吉が、採用担当経験豊富な直子(なおこ)先生からアドバイスをもらう様子をお届けします。

それではどうぞ。

採用あるある

集客は~
採用支援会社に~
お任せだ


これは要するに・・・

回想シーン

<回想シーン>
採用担当A田:S藤パイセン!

S藤:どうした新人?

A田:大変です、今の選考歩留まりで推移すると、母集団が不足するっす!

S藤:まぁ落ち着け。

A田:この非常事態に、落ち着いてなんていられないっす!

S藤:ふむ、致し方あるまい…アレを使うか。

A田:アレを使うんですか!

S藤:そうだ、アレを使う。

A田:いよいよ、アレを使うんっすね!

S藤:おう。

A田:アレって何?

S藤:召喚魔法。

A田:えっ、パイセンって召喚魔法を使えるんすか?

S藤:任せておけ…

A田:パイセン、マジかっけぇ!

S藤:ゴホンッ、では詠唱に入るぞ。

A田:…(ごくり)。

S藤:エロイムエッサイム…エロイムエッサイム…

A田:…(ワクワク)。

S藤:…我は…求め……訴えたり! いでよっ!!

A田:……(ドキドキ)。

S藤:ピ・ポ・パ・ポ・ピ・ピ・ポ・ピ・ポ・ピ…トゥルルルルル…トゥルルルルル

A田:・・・。

S藤:あっ、もしもし? ウミルートの亀田さん? あのぅ、ちょっと母集団を増やしたいので来週前半ぐらいに提案に来て頂けます? ええ、はい…はいはい…では、そういった感じで…はいその日でお願いします…では宜しくどうぞ。

A田:・・・・。

S藤:ふぅー、どうだA田? 俺の召喚魔法は?

A田:採用支援会社を呼びつけているだけやんけ!!!



・・・もわわわ~ん、ってことですよね? 

教えて直子先生!


直子先生のアドバイス

直子先生:これはかなりの「あるある」だわ。

ジョブ吉:ふむ、やはり。

直子先生:集客に困った時に採用支援会社を頼るというのは思いつきやすい手ね。たとえば、媒体掲載やイベント出展などに予算を充てつつも、集客に苦戦した際には成果報酬型の新卒紹介の利用を検討するというのは、よくある流れよ。

ジョブ吉:はい。

直子先生:でもね、とても難しいことかもしれないんだけど、集客に困った時には、新卒紹介のエージェントに声をかける前に、まずは自省することが大切なのよ。

ジョブ吉:集客が上手くいっていない原因を真っ先に考えろということですね?

直子先生:その通りよ。「自分たちは自社の魅力を伝える努力をどこまでできているのだろうか?」とか「自分たちはターゲット学生にとって価値のある情報を届けることができているのだろうか?」とか、自分たちにとって耳の痛いこともあるかもしれないけど、上手くいっていない現実から目を背けるべきではないわ。

ジョブ吉:なるほど。

直子先生:突然ですが、ここで問題です。

ジョブ吉:!

直子先生:あなたは、とある企業の新卒採用担当者です。3月から会社説明会や合説などに参加し、母集団形成に努めてきましたが、6月を迎えたタイミングで母集団の進捗率は目標の60%に留まっています。

直子先生:残された採用予算を考慮すると、成果報酬型の新卒紹介エージェントを利用することが、現実的な施策として考えられます。この状況下において、あなたは、以下【A】【B】のどちらのやり方を選ぶべきでしょうか?

直子先生:【A】新卒紹介のエージェントに対して「とにかく集客をお願いします。ガンガン推薦を上げてください。御社は何名コミットできますか?」という依頼をすることにした。

直子先生:【B】集客が上手くいっていない原因を振り返る中で、告知の際の訴求ポイントがズレているのではないか? ビジネスモデル訴求では自社の魅力が伝わりきられないのではないか? という仮説が採用チームメンバーから挙がってきた。 そこで、会社説明会時に取得しているアンケートを分析した結果、参加が魅力に感じた点として「ビジネスモデル」と回答した学生の割合は低いこと、そして、「ビジョン」と回答した学生の割合が高いことが分かった。 この経緯を踏まえて、新卒紹介のエージェントに対して「自社のターゲットはビジョン訴求が刺さるということが見えてきたので、求人紹介の際にはビジョン押しでお願いします。また、どんな些細なことでも良いので、学生に求人紹介された際の反応について共有をお願いします。各エージェント様からの共有情報をもとに、より応募意思を取れるように求人票をブラッシュアップした上でエージェント様に共有させていただきます」という依頼をすることにした。

直子先生:さぁ、ジョブ吉くんはどっちを選ぶ?

ジョブ吉:全力で【B】ですね。

直子先生:正解よ! でもね、新卒採用の最前線では【A】のやり方が支持されるケース、選ばれているケースが少なからずあるのよ。

ジョブ吉:ふーん、なんで【A】のやり方が選ばれるんですかね?

直子先生:採用施策を途中で振り返って軌道修正をかけるだけの時間的余力がないとか、理由は色々あると思うわ。 ただね、もしも、「集客は全て採用支援会社マターだから、学生が集まらないのは採用支援会社のせい。だから、採用支援会社が集め方も考えるべき」って採用支援会社を敵対視したり、外部の業者扱いするような意識が背景にあるのであれば、それは勿体ないことだと思うわ。だって、成果を上げている採用担当者は、採用支援会社を仲間というかパートナーとして捉えていることが多いのだから。

ジョブ吉:直子先生、話は分かりました。で、実際に直子先生がこういった、もわわわ~んなシチュエーションに遭遇したら、どうなんです?

直子先生:採用支援会社に電話をするという日常の何気ない一コマをユーモラスに演出する上司のS藤に対してどう思うかってこと?

ジョブ吉:はい。

直子先生:そうね。

ジョブ吉:はい。

直子先生:ただただ、戸惑うわ。

ジョブ吉:貴重なお話ありがとうございました!


お勧めコンテンツ紹介

◆人事インタビュー
「他の人事が何を考えているのかを知りたい」。そのシンプルなニーズに答えるのが、人事インタビューです。ご興味があるテーマがあればぜひご覧ください。

Vol.23「その説明会に魅力はあるか。学生視点に立てば説明会の内容も変わる。

Vol.22「効果が出た施策だからこそ毎回変える。インターンシップの改良方法。

Vol.21「学生の経験が社会にどう活かされお金を生むか。その接続の提示が企業側でできること

Vol.20「母集団形成数は虚栄の指標?!インターンシップ参加者から口コミをつくる企画のポイント

Vol.19「長期インターンシップ生の評価や退職など、受入後の細かい話

Vol.18「『学生』のフィルターを外し、信じて任せる。それがガイアックス流の長期インターンシップ受け入れ術

Vol.17「長期インターンシップ、驚きの活用事例。同時期に70名を受け入れる理由と方法

Vol.16「できたら面白いよね・・止まりになりがちな新しい採用施策の試み。どうやったら実現できる?

Vol.15「自社に入る、入らないは考えず、学生の成功だけにフォーカスする。効率重視から、学生と向き合うスタンスへ。

Vol.14「自社らしい新卒説明会を追求したらメタルLIVEになった

Vol.13「IT業界なのに、IT業界フックで集まる学生にターゲットが少ないのは何故?

Vol.12「新卒採用コンサルティング会社が必要な時はどんな時?考えられる2つのパターン。

Vol.11「間に入って全体をディレクション。私が目指した採用担当者のスタンス。

Vol.10「採用担当者の引き継ぎ。ポイントは、採用活動の『型』をつくること。

Vol.9「新卒1期生採用の成功要因に学ぶ、採用力を組織で高める方法。

Vol.8「兼務でやっている新卒採用、どうやって両立している?

Vol.7「職種別採用のメリットは何?どんな会社が向いてる?

Vol.6「学生との距離感は、学生が描くゴールに向かっていく伴走者が理想的

Vol.5「やりたいことが凝り固まっている学生のほぐし方

Vol.4「自社の事業内容が複雑で学生には伝わりにくい!そんな時の対処法。

Vol.3「採用したい人材を見極めるための、エントリーシートなどのテキスト情報の読み方

Vol.2「オファー、スカウト型サービスが向いている人事はどんな人?

Vol.1「グループワーク選考が合う会社、合わない会社

この記事を書いた人
ジョブ吉
ジョブ吉

ジョブウェブ公認キャラクターのジョブ吉です。就職活動をしている人、採用活動をしている人。それぞれに対して心から役立つと思える情報をお届けしていくYO!

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る