menu
  1. トップ
  2. コラム
  3. 【新卒採用News】空港裏方の面白さ知って 労組が就活向けサイト/「学ぶ」と「働く」を結ぶ履修履歴オファーサービス、他1本

【新卒採用News】空港裏方の面白さ知って 労組が就活向けサイト/「学ぶ」と「働く」を結ぶ履修履歴オファーサービス、他1本

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2017年6月8日

新卒採用に関連するニュースついて、その当事者(企業の採用担当者、採用支援会社の社員など)が、それぞれの考えや思いをコメントするコンテンツ。

それが【新卒採用News】です。

目次

【1】「学ぶ」と「働く」を結ぶ履修履歴オファーサービス
株式会社パフ

【2】空港裏方の面白さ知って 労組が就活向けサイト
日本経済新聞

【3】【調査報告】「就活にかかるお金」は準備万全でしょうか?(就職活動ミニアンケート)
就活サイトJobweb


1「学ぶ」と「働く」を結ぶ履修履歴オファーサービス
株式会社パフ

抜粋
いままでは、企業が新卒学生を採用選考する際に履修履歴を活用するケースは少なく、「学生時代に力を入れた課外活動のこと」を面接で聞くケースが一般的でした。また、学力についても、大学時の成績よりもSPI等の基礎能力検査をもとに合否判定を行うケースが大半でした。本サービスによって、産業界にとって重要な専門科目や授業が明らかになり、それらを履修している学生を容易に検索・オファーできる仕組みが実現することで、企業は求める人材に対してダイレクトにアプローチできるようになり、学生は自分が大学で得た学びによって、企業からのオファーを受け取ることができるようになります。...

続きを読む


コメント(千葉直子
「成績」ではなく「履修履歴」という部分が採用視点でどのように働くか、というのは注目ですね。

情報系や専門科目系の授業が評価されそうなのは想像がつく一方、リベラルアーツ系の科目の評価がどのようになされていくか、というのも気になるところです。


コメント(青野誠|サイボウズ株式会社 人事部
「履修履歴の活用実態調査」でどのような結果が出るのか気になります。私の予想としては、履修履歴を活用している企業は1割もないのではないでしょうか。


コメント(高橋実|株式会社HDE 人事部長
うーん。このサービス、本質的な部分に踏み込んでいけているかというと、そうではない気がします。本質的には「大学と企業が連携して、学業から社会に学生をスムーズに羽ばたかせる」ということだと思うのですが。

企業が履修履歴を取得したいなら、直接学生から取得するか、大学との連携により行えばいい思うのですが、このコンソーシアムに、大学は入っていないようですね。産学連携のフォーメーションで行うのであれば理解はできますが。

また、このデータベースを活用する企業の人事は、さらに大学とのパイプラインが遠のき、大学とのリレーションがなくなっていき、産学連携が遠のくのではと心配します。企業人事がラクをする)。

現在の課題がある形を何らかメスをいれていこうとする動きは賛同です。いずれにしても、これからの展開だと思うので、注目しています。



2空港裏方の面白さ知って 労組が就活向けサイト
日本経済新聞

抜粋
就活生の皆さん、パイロットやCA(客室乗務員)だけでなく、地上職にも関心を――。航空関連企業で働く労働者でつくる産業別労働組合「航空連合」は、人手不足に悩む空港の“裏方”に興味を持ってもらおうと、就職活動をする学生らを対象としたウェブサイトを開設した。働き手がさらに必要となる2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、人気アップを図る...

続きを読む


コメント(千葉直子
空港の裏方に限らず、知らない仕事がまだまだ多いなと思います。

街を見渡すと、知らない社名の企業の方が多く、でもそこにはたくさんの人が働いている。新卒の採用活動に力をいれている企業も全体で見たら一部に過ぎないですし、一部の有名企業を除いて、学生から認知されていない企業が多いのもまた事実。

個人にとって「出会えてよかった」と思える企業は、実は知らなかった企業の中にこそ、あるかもしれない。ではどうやって出会うのか。

採用支援企業はビジネスモデル上、予算もあり、(比較的知名度もある)企業の支援に偏りがち。だからこそ、労働組合がこういった動きをする、というのは面白いなと思いました。(一方で採用支援企業としてのあり方も問われるなぁと)


コメント(高橋実|株式会社HDE 人事部長
まず率直に、なぜこれを企業の人事でなく、労組が行っているかということに興味があります。

航空会社の人事では、採用できないから労組でやる、という二重構造に見えます。この取り組みを行なった労組は、各社の人事と連携して行っているのでしょうか?

採用としての取り組みよりも、労組と企業の関係の問題が浮き彫りになっているように見えてしまうのは、気のせいですか?


コメント(青野誠|サイボウズ株式会社 人事部
労組がこのような取り組みをするのは面白いですね。

プロフェッショナル仕事の流儀に出演されていた羽田空港の掃除のプロ・新津春子さんのことを思い出しました。

裏方の地味だけど格好良いプロ感ってあると思うんですけど、このサイトではちょっと楽しい方向に行き過ぎていて今ひとつ伝わってない気がします^^;


コメント(ジョブ吉
とりあえず、労組と人事が握手をするというか、このウェブサイト(空港の裏方お仕事図鑑2017)と、航空連合の加盟組織の新卒採用ページ間で、相互にリンクするぐらいの蜜月な関係になれるといいですね。

ちなみに、本題とは全く関係ないのですが、文末にある「アドレスはhttp://hataraku.jfaiu.gr.jp/index.html〔共同〕」という点について、なぜ、テキストリンクにしないのか? 理解に苦しみます。ふんっ、これだからオールドメディアは、ピー(自主規制)がピ―(自主規制)で、ピー(自主規制)なんですよ!



3【調査報告】「就活にかかるお金」は準備万全でしょうか?(就職活動ミニアンケート)
就活サイトJobweb

抜粋
就職活動サイトJobwebが「就活にかかるお金の準備状況」についてのアンケートを大学生を対象に実施した結果をご報告します...

続きを読む


コメント(青野誠|サイボウズ株式会社 人事部
地方学生ほど就活にお金がかかる問題…。

テクノロジーが進歩しているので、企業はSkype面接などをもっと取り入れれば良いですよね。Skypeやテレビ会議での面接を日常的にやっていますが、特に違和感なく選考できます。


コメント(高橋実|株式会社HDE 人事部長
これまであまり浮き彫りになってこなかったテーマだと思います。

ただ、このアンケートで改めて感じたのは、就活用のためだけに購入するリクルートスーツは今すぐにでも止めるべきだと思いました。また企業側も地方学生に対する交通費等の対応を積極的に支援する、またITを活用した採用手法等、学生の金銭的負荷を軽減するために何ができるのかもっと真剣に考えねばなりませんね。

就活のためにアルバイトしてるなんて、悲しすぎます。もっと有意義な活動にためたお金は使われるべきですよね。ここにはあまり出ていませんが、もし金銭的事情で就活ができない学生がいたなら、それこそ支援をしてあげるべきだと思いました。

企業人事として何か対策を考えます。


コメント(千葉直子
自分のやりたいこと=一生をかけてやりたいこと、と考えてしまうと難しいですよね。

突発的に組まれる選考スケジュールを意識するとアルバイトのシフトを入れづらい、というのは学生にとって死活問題ですよね。

就活スーツ廃止、履歴書用の写真廃止(写真が必要な場合はデータでOK)、初期の面談はオンラインを可とする、などなど一部の企業ではすでに実施されていることを新卒採用活動をする企業全体の動きにできたら、就職活動生の金銭的負担は軽減するでしょうか。

その辺り、ぜひ経団連で議論してほしいですね。



【新卒採用News】は以上です。
最後までお読みいただき、有難うございました。


コメント投稿の募集

【新卒採用News】ではコメントを受け付けています。企業の経営者や採用担当者、大学教授、キャリアセンターの職員、採用支援会社の社員など、新卒採用に関わるの当事者の方々。そして、過去に当事者であった方々を含めて、幅広い方々のコメントをお待ちしています。

コメントを投稿頂ける方はこちら

投稿いただいた内容は1週間以内を目安に【新卒採用News】に掲載します。

※ 投稿内容は、記事としての読みやすさの観点から改行や誤字脱字の修正などの簡易的な編集をさせていただくことがあります。また、荒らし行為や公序良俗に反するなど、内容が不適切であると判断する場合は投稿を掲載しない場合があります。


新卒採用Newsについて

【新卒採用News】では、新卒採用マーケットのトレンドに関する話題。企業の新卒採用活動の話題。そして、学生の就職活動の話題。大きく3種類のニュースや記事を取り扱います。

この【新卒採用News】を読むことを通じて、

「自分もそう思う」
「それは違うのではないか?」
「総論賛成だけど各論反対だな」
「そういう考え方もあるのか!参考になるな」
「あー、これってそういうことだったのね」

といった具合に、あなたの考えが整理されること、そして、自身の活動に還元されていくことに繋がれば何よりです。


お勧めコンテンツ紹介

◆人事インタビュー
「他の人事が何を考えているのかを知りたい」。そのシンプルなニーズに答えるのが、人事インタビューです。ご興味があるテーマがあればぜひご覧ください。

Vol.23「その説明会に魅力はあるか。学生視点に立てば説明会の内容も変わる。

Vol.22「効果が出た施策だからこそ毎回変える。インターンシップの改良方法。

Vol.21「学生の経験が社会にどう活かされお金を生むか。その接続の提示が企業側でできること

Vol.20「母集団形成数は虚栄の指標?!インターンシップ参加者から口コミをつくる企画のポイント

Vol.19「長期インターンシップ生の評価や退職など、受入後の細かい話

Vol.18「『学生』のフィルターを外し、信じて任せる。それがガイアックス流の長期インターンシップ受け入れ術

Vol.17「長期インターンシップ、驚きの活用事例。同時期に70名を受け入れる理由と方法

Vol.16「できたら面白いよね・・止まりになりがちな新しい採用施策の試み。どうやったら実現できる?

Vol.15「自社に入る、入らないは考えず、学生の成功だけにフォーカスする。効率重視から、学生と向き合うスタンスへ。

Vol.14「自社らしい新卒説明会を追求したらメタルLIVEになった

Vol.13「IT業界なのに、IT業界フックで集まる学生にターゲットが少ないのは何故?

Vol.12「新卒採用コンサルティング会社が必要な時はどんな時?考えられる2つのパターン。

Vol.11「間に入って全体をディレクション。私が目指した採用担当者のスタンス。

Vol.10「採用担当者の引き継ぎ。ポイントは、採用活動の『型』をつくること。

Vol.9「新卒1期生採用の成功要因に学ぶ、採用力を組織で高める方法。

Vol.8「兼務でやっている新卒採用、どうやって両立している?

Vol.7「職種別採用のメリットは何?どんな会社が向いてる?

Vol.6「学生との距離感は、学生が描くゴールに向かっていく伴走者が理想的

Vol.5「やりたいことが凝り固まっている学生のほぐし方

Vol.4「自社の事業内容が複雑で学生には伝わりにくい!そんな時の対処法。

Vol.3「採用したい人材を見極めるための、エントリーシートなどのテキスト情報の読み方

Vol.2「オファー、スカウト型サービスが向いている人事はどんな人?

Vol.1「グループワーク選考が合う会社、合わない会社


この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る