menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 【採用あるある】内定を 辞退される気配を 察知する

【採用あるある】内定を 辞退される気配を 察知する

ジョブ吉
ジョブ吉
2017年6月23日

【採用あるある】では、

採用担当者が日々の業務の中で経験する「あるある」について、採用担当未経験のジョブ吉が、採用担当経験豊富な直子(なおこ)先生からアドバイスをもらう様子をお届けします。

それではどうぞ。

採用あるある

内定を~
辞退される気配を~
察知する


これは要するに・・・

回想シーン

<回想シーン>
採用担当A田:パイセン!

上司のS藤:どうした新人?

A田:内定者の虎丸くんについてなんですが、上手く言えないけど、内定を辞退されちゃう気がするっす!

S藤:ほぅ、お前も気配を察知できるようになってきたか? 成長したな!

A田:気配を察知できるってなんすか?

S藤:説明しよう!

もわわわ~ん…

越後屋:お代官様、好物のおまんじゅうを…ささっ、お納めくださいませ。

悪代官:越後屋…お主も悪よのぅ。

越後屋:お代官様こそ…イ~ヒッヒッヒッヒッ

悪代官:フハハハハ…

越後屋:ゲスゲスゲス…

悪代官:ムフフフフフホホホ…

越後屋:オーホッホッホッ……ムムッ、何奴!(慣れた手つきで手裏剣を投げつける越後屋)

???:チュウ。

越後屋:なんだ、ねずみか。

悪代官:どうした、越後屋?

越後屋:いえ、人の気配がしたような気がしましたが…どうやら気のせいでした(にやり)。

弥七:チッ、この俺に手傷を負わせるたぁ、あの越後屋…只者じゃねぇな。

…もわわわ~ん


S藤:どうだ? 時代劇のワンシーンに喩えてみるとわかりやすいだろ?

A田:いえ、オレ時代劇とか見たことない世代なんで、意味がわからないっす。

S藤:ウワァァァァン!!!



・・・もわわわ~ん、ってことですよね? 

教えて直子先生!


直子先生のアドバイス

直子先生:これは「あるある」よ。

ジョブ吉:やはり。

直子先生:内定辞退される時って、その気配を察知しちゃうことがあるのよね。経験に基づく勘が働くのよ。

ジョブ吉:たとえば?

直子先生:たとえば、内定者との連絡が取りづらくなってきた場合に、「あー、これは他社から口説かれていて、そっちに気持ちが傾きつつあるパターンかも」というような、嫌な予感が頭をよぎるのよ。

ジョブ吉:なるほど。

直子先生:そういった勘が働く前提には、内定者と日々どれくらい連絡を取り合える関係性であるかがあるわ。関係性を築けていて、日頃から気軽に連絡が取れる間柄だからこそ、学生の「その時々の気持ちの変化」にも対応することが可能になるわ。

ジョブ吉:気持ちの変化というのは、たとえば?

直子先生:たとえば、以下①→②→③→④→⑤→⑥を読んでみて!

①本当にこの会社(A社)で頑張ろうって思って内定承諾した。

②後から内定した会社(B社)の採用担当者の方から「うちの社風に合っていると思うから社員と話をしてほしい」と言われたけど、自分としてはA社に決めているのでB社の内定を辞退しようかと思っている。

③B社の採用担当者の方から何度も連絡をもらったので、一度だけお会いしようと思う。

④B社の社員さんとお話をしてみて、自分はA社よりもB社の社風が合っているように感じた。

⑤サークルの先輩に相談したうえで、自分でも数日間考えたが、やはりB社が良いと思う。

⑥親にB社に行く旨を伝えたところ賛同してもらえた。背中を押してもらえたと思う。A社を内定辞退してB社に内定承諾しようと決断した。

ジョブ吉:!

直子先生:②~⑤のタイミングでこの内定者と連絡を取って話をできていれば、⑥の未来を回避できたかもしれないわ。私なら、②のタイミングで内定者から「B社に内定して、かくかくしかじかな状況で、こういう風に考えているんですけど、どう思われます?」みたいな連絡をもらえるような下地を整えておくわ!

ジョブ吉:下地を整えるとは、どういう意味?

直子先生:「私はあなた(内定者)のことを心から応援しているから、今後、他社の選考を受けたり、その中で気持ちが変わったりすることがあれば、いつでも連絡を下さいね。一人のビジネスパーソンとして、あなたのキャリアに向き合いたいと思います」といった内容を事前に内定者に伝えておくって意味よ。

ジョブ吉:なるほど。

直子先生:ちなみに、内定辞退って、企業の立場だと事故のように見えるけど、学生の立場で考えてみると内定辞退はとても自然なことなのよ。

ジョブ吉:?

直子先生:だって、学生にとっての就活は自身のファーストキャリアを決めるための重要なライフイベントよ。自分にとって、よりよい企業を選択できるように活動を最適化するのは当然のこと。そして、今の就活のルール上は内定辞退することが合理的なのだから、内定辞退は起こって当たり前という認識を持つべきだと私は思うの。

ジョブ吉:・・・。

直子先生:内定辞退が事故のような偶発性に左右される出来事であるという認識のもとでは、どうしようもないけど、内定辞退が起こることが自然なことであるという認識があれば、それに対応すべきであるという意識が芽生え、内定辞退を減らすための様々な工夫を考えられるようになると思うわ。

ジョブ吉:直子先生、話は分かりました。で、実際に直子先生がこういった、もわわわ~んなシチュエーションに遭遇したら、どうなんです?

直子先生:部下が理解しやすいように、と思って考えた時代劇の喩え話が、ジェネレーションギャップでまったく通じないことが分かった時にどうするかという話?

ジョブ吉:はい。

直子先生:そうね。

ジョブ吉:はい。

直子先生:ギャップは埋めるものよ! 水戸黄門DVD-BOX 第一部のAmazonアフィリエイトリンクを部下に送りつけるわ。今なら、なんと、たったの25,059円よ!

ジョブ吉:貴重なお話ありがとうございました!


お勧めコンテンツ紹介

◆人事インタビュー
「他の人事が何を考えているのかを知りたい」。そのシンプルなニーズに答えるのが、人事インタビューです。ご興味があるテーマがあればぜひご覧ください。

Vol.23「その説明会に魅力はあるか。学生視点に立てば説明会の内容も変わる。

Vol.22「効果が出た施策だからこそ毎回変える。インターンシップの改良方法。

Vol.21「学生の経験が社会にどう活かされお金を生むか。その接続の提示が企業側でできること

Vol.20「母集団形成数は虚栄の指標?!インターンシップ参加者から口コミをつくる企画のポイント

Vol.19「長期インターンシップ生の評価や退職など、受入後の細かい話

Vol.18「『学生』のフィルターを外し、信じて任せる。それがガイアックス流の長期インターンシップ受け入れ術

Vol.17「長期インターンシップ、驚きの活用事例。同時期に70名を受け入れる理由と方法

Vol.16「できたら面白いよね・・止まりになりがちな新しい採用施策の試み。どうやったら実現できる?

Vol.15「自社に入る、入らないは考えず、学生の成功だけにフォーカスする。効率重視から、学生と向き合うスタンスへ。

Vol.14「自社らしい新卒説明会を追求したらメタルLIVEになった

Vol.13「IT業界なのに、IT業界フックで集まる学生にターゲットが少ないのは何故?

Vol.12「新卒採用コンサルティング会社が必要な時はどんな時?考えられる2つのパターン。

Vol.11「間に入って全体をディレクション。私が目指した採用担当者のスタンス。

Vol.10「採用担当者の引き継ぎ。ポイントは、採用活動の『型』をつくること。

Vol.9「新卒1期生採用の成功要因に学ぶ、採用力を組織で高める方法。

Vol.8「兼務でやっている新卒採用、どうやって両立している?

Vol.7「職種別採用のメリットは何?どんな会社が向いてる?

Vol.6「学生との距離感は、学生が描くゴールに向かっていく伴走者が理想的

Vol.5「やりたいことが凝り固まっている学生のほぐし方

Vol.4「自社の事業内容が複雑で学生には伝わりにくい!そんな時の対処法。

Vol.3「採用したい人材を見極めるための、エントリーシートなどのテキスト情報の読み方

Vol.2「オファー、スカウト型サービスが向いている人事はどんな人?

Vol.1「グループワーク選考が合う会社、合わない会社

この記事を書いた人
ジョブ吉
ジョブ吉

ジョブウェブ公認キャラクターのジョブ吉です。就職活動をしている人、採用活動をしている人。それぞれに対して心から役立つと思える情報をお届けしていくYO!

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る