menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. コラム
  3. 【採用あるある】送っても 返ってこないな スカウトメール

【採用あるある】送っても 返ってこないな スカウトメール

ジョブ吉
ジョブ吉
2017年7月14日

【採用あるある】では、

採用担当者が日々の業務の中で経験する「あるある」について、採用担当未経験のジョブ吉が、採用担当経験豊富な直子(なおこ)先生からアドバイスをもらう様子をお届けします。

それではどうぞ。

採用あるある

送っても~
返ってこないな~
スカウトメール


これは要するに・・・

回想シーン

<回想シーン>
採用担当A田:パイセン!

上司のS藤:どうした新人?

A田:スカウトって難しいっすね! 先週1週間で業務の合間にスカウトメールを30通送ったんですけど反応があったのは10件でした。

S藤:ひょっとして、お前は、わざわざ一人一人の学生のプロフィールを読み込んだ上でスカウトメールを個別作成しているんじゃないのか?

A田:はいっ、個別作成しまくりっす!

S藤:バーロー(馬鹿野郎)!

A田:ヒエッ

S藤:いいか? スカウトメールはテンプレートでやるもんなんだよ。テンプレートさえ使えばスカウトメール1000通送信は楽勝だ。当然、個別作成よりも反応率は落ちるだろうけど、反応率5%で見積もっても50件。お前のパフォーマンスの5倍だ。

A田:へぇ、そういうもんなんすねぇ。

S藤:今週は俺のやり方でやってみろ。ここ数年間、俺が改善に改善を加え続けてきた秘伝のテンプレがあるから、それを使え。反応率7%は堅いぞ。

A田:御意。

~1週間後~

A田:パイセン!

S藤:どうした新人?

A田:パイセンのやり方を試した結果、劇的にパフォーマンスが変化したっす!

S藤:ふふん、当たり前だ。

A田:テンプレのスカウトメール1000通送信して反応があったのが0件でした!

S藤:えっ

A田:つまり、オレのやり方はパイセンのやり方の9999京9999兆9999億9999万9999倍…いや、無限倍パフォーマンスが高いということが分かったわけですね、バカやろう。

S藤:ウワァァァァン!!!



・・・もわわわ~ん、ってことですよね? 

教えて直子先生!


直子先生のアドバイス

直子先生:これは「あるある」よ。

ジョブ吉:ふむ、やはり。

直子先生:ジョブ吉君はスカウトの成功方程式をご存じ? ヒントは3つの要素の掛け算よ。

ジョブ吉:10秒時間を下さい!

直子先生:いいわよ。

ジョブ吉:ポクポクポク…ポクポクポク…

直子先生:(ふふっ、木魚の音色は心が休まるわ)。

ジョブ吉:ポクポクポク…ポクポクポク…チーン! 

直子先生:!

ジョブ吉:閃いたッ!

直子先生:正解は?

ジョブ吉:友情×努力×勝利ッ!!!

直子先生:それは週刊少年ジャンプの三大原則だろうが!

ジョブ吉:ヒェッ

直子先生:…コホン。正解は「スカウトメールの通数×開封率×返信率」よ。

ジョブ吉:ほほう。

直子先生:この成功方程式を前提にすると、スカウトメールの通数制限がない場合は、スカウトメールの内容にこだわるよりも、とにかく通数を増やしまくることが効率的だったりするのよね。

ジョブ吉:なるほど。

直子先生:でもね、ここにスカウトの罠があるのよ!

ジョブ吉:はい?

直子先生:スカウトはスカウトされたい人(学生)とスカウトしたい人(企業)が集まるプラットフォームなの。そういったプラットフォーム上で、各企業がスカウトメールを送りまくったらどうなるかお分かり?

ジョブ吉:スカウトメールを受け取る学生の立場だと、限りなくスパムに近いスカウトメールが大量に届いて大変そうですね。

直子先生:その通りよ。「自分に合う企業に出会いたい」「自分のことを見つけてくれて評価してくれる企業を知りたい」というのが学生がスカウトサービスを利用する動機なのに、

実際にスカウトサービスを使ってみると…

「えっ、なんで僕をスカウトしたんですか?」
「私のどんなところが御社とマッチするんですか?」
「就活サイトから送られてくるDMと同じじゃね?」

というイマイチなユーザー体験になりがちなのよね。ユーザーが離れていっちゃうわ。

ジョブ吉:各社がスカウトで成果を出すために効率的に動いた結果、スカウトサービス全体の効率(スカウトメール開封率)が低下しちゃう的な話ですね?

直子先生:そうね。もちろん、スカウトサービスを正しく使っている企業もあるわ。

「●●さんのこれこれこういった点に興味を持ち、ご連絡差し上げました。私たちはほにゃららな新規事業を展開しており、●●さんのようなフロンティアスピリットに溢れる方を求めています。●●さんのプロフィールを拝見させていただく限り、私たちの新規事業にもご興味を持っていただけると思いますが、いかがでしょうか?」

みたいなスカウトメールを個別に作成して送信している素敵な企業もあるんだけど、

「学生のことなんて関係ねぇ! スカウトメールを送りまくるぜ」という感じで、テンプレのスカウトメールを送りまくる企業が増え続けると、学生のスカウトサービス離れが進んで、結果的に、一球入魂な個別作成のスカウトメール自体の開封率も落ちるという、良貨が悪化に駆逐されちゃう事態に発展しちゃうのよ。

ジョブ吉:どうすりゃいいんですかね?

直子先生:まずは、心構えとして、スカウトサービスに多くを求めないってことね。スカウトサービスは本来、一本釣りアプローチで少人数を採用することに適しているのよ。だから、ナビ媒体の代替として会社説明会に50人動員するためにスカウトメールをDMみたいに使うパターンは避けた方がいいわ。スカウトプラットフォームの生態系に配慮しましょうって話ね。

ジョブ吉:・・・(たしかに、ブラックバス釣りをする湖で、定置網漁をされちゃあ、たまったもんじゃないな)

直子先生:ジョブ吉君?

ジョブ吉:とはいっても、現実問題どうするかって話はあるじゃないですか。自分は青信号で渡っていても、他が「赤信号、みんなで渡れば怖くない」状態だと、どうしようもないですよね?

直子先生:そうね。だから、最後に具体的なアドバイスを残そうと思うの。あんまり大きな声じゃ言えない話だから、後で、この【メモ】を読んでみて!

そんじゃーね!

ジョブ吉:直子先生、貴重なお話ありがとうございました!

ジョブ吉:・・・。

ジョブ吉:・・・・。

ジョブ吉:…どれどれ。これが【メモ】か。

直子メモ:穴場を見つけるのよ! たとえば、立上げフェーズにあるスカウトサービスは、アーリーアダプター的な情報感度の高い優秀な学生の利用率が高いし、利用企業数も少ないから、正しい真っ当なスカウトのやり方で高い成果を狙えるわ。後は、立上げフェーズでなくとも、流通するスカウトメールの総量を規制しているスカウトサービスなんかは開封率が高く出ると思うからお勧めよ!

逆に、絶対に避けた方がいいのは、ピーがピーなサービスよ。ああいうのはピーがピーだからピーでピーなのよね。ああいうのは本当にどうかしてるわ。ジョブ吉君も気を付けなさいʕ·ᴥ·ʔ

ジョブ吉:自主規制ワードが多くて、よく分かんねぇや。


お勧めコンテンツ紹介

◆人事インタビュー
「他の人事が何を考えているのかを知りたい」。そのシンプルなニーズに答えるのが、人事インタビューです。ご興味があるテーマがあればぜひご覧ください。

Vol.23「その説明会に魅力はあるか。学生視点に立てば説明会の内容も変わる。

Vol.22「効果が出た施策だからこそ毎回変える。インターンシップの改良方法。

Vol.21「学生の経験が社会にどう活かされお金を生むか。その接続の提示が企業側でできること

Vol.20「母集団形成数は虚栄の指標?!インターンシップ参加者から口コミをつくる企画のポイント

Vol.19「長期インターンシップ生の評価や退職など、受入後の細かい話

Vol.18「『学生』のフィルターを外し、信じて任せる。それがガイアックス流の長期インターンシップ受け入れ術

Vol.17「長期インターンシップ、驚きの活用事例。同時期に70名を受け入れる理由と方法

Vol.16「できたら面白いよね・・止まりになりがちな新しい採用施策の試み。どうやったら実現できる?

Vol.15「自社に入る、入らないは考えず、学生の成功だけにフォーカスする。効率重視から、学生と向き合うスタンスへ。

Vol.14「自社らしい新卒説明会を追求したらメタルLIVEになった

Vol.13「IT業界なのに、IT業界フックで集まる学生にターゲットが少ないのは何故?

Vol.12「新卒採用コンサルティング会社が必要な時はどんな時?考えられる2つのパターン。

Vol.11「間に入って全体をディレクション。私が目指した採用担当者のスタンス。

Vol.10「採用担当者の引き継ぎ。ポイントは、採用活動の『型』をつくること。

Vol.9「新卒1期生採用の成功要因に学ぶ、採用力を組織で高める方法。

Vol.8「兼務でやっている新卒採用、どうやって両立している?

Vol.7「職種別採用のメリットは何?どんな会社が向いてる?

Vol.6「学生との距離感は、学生が描くゴールに向かっていく伴走者が理想的

Vol.5「やりたいことが凝り固まっている学生のほぐし方

Vol.4「自社の事業内容が複雑で学生には伝わりにくい!そんな時の対処法。

Vol.3「採用したい人材を見極めるための、エントリーシートなどのテキスト情報の読み方

Vol.2「オファー、スカウト型サービスが向いている人事はどんな人?

Vol.1「グループワーク選考が合う会社、合わない会社

この記事を書いた人
ジョブ吉
ジョブ吉

ジョブウェブ公認キャラクターのジョブ吉です。就職活動をしている人、採用活動をしている人。それぞれに対して心から役立つと思える情報をお届けしていくYO!

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る