menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. 調査レポート
  3. 【13卒調査】志望度が上がった瞬間・1位は「人事担当者の対応・印象が良かった時」

【13卒調査】志望度が上がった瞬間・1位は「人事担当者の対応・印象が良かった時」

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2012年8月21日
【13卒学生 就職活動振り返りアンケート結果】
2013年度卒学生、就職活動振り返りアンケート。
今回は、調査実施時点で内定を獲得していた学生にとっての「最も志望度が高い内定先」について、内定を貰った時期や志望度が上がった瞬間等を尋ねた結果をご報告させていただく。

最も志望度が高い内定先。企業研究は「ホームページと新卒採用サイト」

本調査時点で内定を獲得していた学生に対し、内定を貰った企業のうち、最も志望度が高い企業(=以下、「第一志望の内定先」)に関して、内定を貰った時期を尋ねたところ、「4月以降」という回答が最も多く、6割強(62.8%)であった。一方で12月以前に内定を貰っていたという学生も1割強(12.6%)存在した。
またその企業の存在を知った時期については6割(61.5%)が13卒学生の就職活動が本格化する12月より前、つまり11月以前から存在を知っていたと回答していた。

Q:内定先のうち、最も志望度が高い企業から内定を貰ったのはいつですか?

内定をもらった時期
Q:最も志望度が高い内定先の存在を知ったのはいつですか。

第一志望の内定先の存在を知った時期

また、企業研究に活用した情報源としては「企業のホームページ」が8割(80.5%)、「企業の新卒採用サイト」が7割(71.8%)を占めていた。13卒学生の就職活動においてはソーシャルメディアを活用する「ソー活」が話題となったが、「facebookの新卒採用ページ」を活用していたという学生は1割程度(11.8%)で、「公式twitterアカウント」は1.8%という結果となった。


Q:最も志望度が高い企業内定先の企業研究に活用した情報源を教えてください。

企業研究に活用した情報源

就職活動中に志望度が上がった学生は6割。志望度が上がった瞬間の一位は「人事の対応・印象が良かった時」

第一志望の内定先への志望度の変化については、「元々志望度が高かった」という学生は2割強(25.9%)に留まり、「就職活動を進めていくうちに志望度が上がった」という学生が6割強(65.5%)を占めていた。


Q:最も志望度が高い内定先に対する志望度の変化について教えてください。

志望度の変化
では、どのような時に志望度が上がっていたのか。志望度が上がった瞬間を尋ねたところ、選択した学生が最も多かったのが「人事の対応・印象が良かった時(46.6%)」次いで「選考を受けた時(42.9%)」「セミナー・説明会に参加した時(37.9%)」「現場社員の対応、印象が良かった時(36.1%)」という結果となった。また内定を貰った企業の中でも第一志望となった決め手に関しては、「働くイメージが湧いた(12.9%)」、「仕事内容の魅力(12.0%)」がTOP2となった。


Q:最も志望度が高い内定先への志望度が上がったのは、どんな時でしたか。

志望度が上がった瞬間

Q:その企業があなたにとっての第一志望の内定先になった決め手は何ですか。

第一志望になった決め手

「最も志望度の高い内定先」に関しては初めから第一志望だったわけではなく、人事担当者とのコミュニケーションや、選考・セミナーといったリアルな接触機会において志望度が高まったという学生が多いようだ。また、学生への対応の良さに加え、仕事内容をしっかりと伝えイメージを持ってもらうことも、志望度を高める上で重要であると考えられる。


調査概要 詳細
【調査名】 2013年度卒学生 就職活動振り返りアンケート
【調査期間】 2012年4月25日~2012年5月3日
【調査対象】 2013年度卒業予定のジョブウェブ会員学生
【調査方法】 就職支援サイトジョブウェブ2013の会員に対するwebアンケート調査
【有効回答数】 408名(うち調査時点で内定を獲得していた学生232名)
  文理 : 文系284名、理系119名、その他5名
  学校種別 : 大学335名、大学院(修士)70名、大学院(博士)2名、その他1名
 (早稲田大学43名、東京大学27名、慶應義塾大学25名、京都大学16名、東京理科大学12名、立命館大学11名、横浜国立大学10名、同志社大学10名、明治大学10名 他)


採用・就活調査レポート一覧
この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る