menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. 調査レポート
  3. 【14卒調査】会社説明会で志望度に影響したこと・最も志望度が上がった会社説明会

【14卒調査】会社説明会で志望度に影響したこと・最も志望度が上がった会社説明会

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2013年9月26日
今回は2013年4月末に実施した「2014年度卒学生・就職活動振り返り調査」より、「会社説明会で志望度に影響すること・最も志望度が上がった会社説明会」についてご報告致します。

会社説明会は学生に自社の魅力を伝える絶好の機会であり、最終的に内定した企業に対して志望度が上がった瞬間として会社説明会を挙げる学生も少なくない。しかし一方で会社説明会で企業に対しイマイチな印象を持ってしまったという学生も多い(参考:【14卒調査】企業への不満・改善要望)。

会社説明会において、学生の志望度を左右するポイントは何なのか。どのような会社説明会が、学生をひきつけていたのだろうか。

会社説明会では「現場社員」「社風・雰囲気」が志望度を左右。7割弱が「社員との交流機会」を希望

企業説明会で志望度に影響したことについては「現場社員の様子・話の内容」に対して6割(60.7%)が「かなり影響した」と回答していた。また「社風・雰囲気」「社長・経営陣の様子、話の内容」に関してもかなり影響したという学生が5割を超えていた。説明会にあったら良いと思うプログラムに関しては「社員との交流会」を選択する学生が最も多く、7割弱(68.8%)であった。

Q:説明会において、下記はどれくらい企業への志望度に影響しましたか。
説明会で志望度に影響すること

Q:会社説明会のプログラムに「これが含まれていると良い」と思うものを教えてください。(当てはまるもの全て選択)
説明会にあったら良いプログラム

最も志望度が上がった会社説明会

では、実際に学生の志望度を上げていたのはどのような説明会だったのだろうか。「最も志望度が上がった説明会」について、企業名と内容を答えてもらったところ、263社の名前が挙げられた。ここでは、複数名から名前が挙がった32社をご紹介したい。

Q:【最も志望度が上がった説明会】の実施企業を教えてください。※2名以上から名前が挙げられた企業39社(全体263社) ※順不同・敬称略
志望度が上がった説明会

これら志望度が上がった説明会の良かった点としては、「現場社員が良かった」「社風・雰囲気が良かった」「その企業についての理解が深まった」「プログラムの内容が良かった」「人事担当者が良かった」という点を評価する学生がいずれも6割強であった。学生の感想を見ても、社員との交流機会やプレゼンテーション、グループワーク等を通じて、社員や社風、仕事内容に魅力を感じていた学生が多いことが伺える。

Q:最も志望度が上がった説明会の、良かった点は何ですか?
志望度が上がった説明会良かった点

Q:最も志望度が上がった説明会の説明会の良かった点について、具体的な内容、感想を教えてください。(コメント抜粋)

■レバレジーズ
・クオリティーが高い。プレゼンの上手さ。10分間という短い時間でのグループワーク。グループワーク後のフィードバック。
・事業内容よりも、社内の雰囲気を知れて良かった。
・社長のトップセミナーで会社への熱い思いを直接聞くことができ会社への興味が増した。

■ディー・エヌ・エー
・社長講演で社の方向性と社風が伝わった。
・社長が非常によかった。話し方。雰囲気。内容。
・海外で実際に働いている社員の方のお話や、社長、創業者のお話など。就職活動のみならずキャリアの勉強にもなった。

■三菱商事
・プロジェクト動画があり仕事イメージができたため。
・社員と近い距離で話せた点。
・人事の方が学生のために熱心に説明してくださったことがとても印象的で、ぜひこんな人と働きたいと思わせてくれた。
・社員の方の印象が全体的に良かった。その雰囲気によって、会社内がどのようなものかわかりやすかった。

■ノバルティス ファーマ
・とても大きな会場で行われた説明会でしたが、その会場の広さを感じさせないほど活気にあふれ、エネルギーを感じるプログラム内容でした。人事の方のプレゼンテーションも熱いもので、社風が伝わってきました。「仮に今日これっきりの縁だとしても、何か1つでもいいものをもって帰ってください!」と、学生の積極的な姿勢を求められる中で、本当に内容の濃いプログラムになったと感じた。
・説明会開始までの時間のスライドで社員の成長例を出しながらメッセージを流していた点はその会社の考え方、じぶんの入社イメージの想像ができた。
・本当に学生にその会社の良さを知ってほしいという思いが、ひしひし伝わってくるほど、手をかけて準備しているのがプレゼンなどから伝わってきた。この会社に入れば、とことん妥協せず仕事をやっていけると感じ、魅力を感じました。

■NTTデータ
・大勢の現場の社員が説明会に来てくださり、少人数制のブースを設けていた点。入社前と入社後のギャップをなくす為に、話せる範囲でできる限り赤裸々に話していただいた。
・多くの社員の方の話を聞けた
・社員と触れられる。どこの企業よりも多くの現場社員と接する機会が多かった。身近に会社を感じられるセミナーの設定方法で社風を感じ、志望度が上がった。

■プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
・仕事体験型のグループワーク(選考に関係なし)があったのが良かった。
・簡潔なプレゼンと適切なワークによる、会社理解と企業ブランドイメージ向上を絶妙に実現するプログラム進行であった点。
・人事の方の説明を通して、世界で活躍出来る人材になれそうだという実感が持てた。

■三井住友銀行
・人事の担当者に好感が持てた。会社の説明にとどまらず、世界情勢や日本の状況などの説明から、どういった方向性で進んでいくべきなのかを説明していたのが良かった。
・個別に聞きたい社員の話を聞かせてもらえるところが大変良かった。普通の説明会ではなかなか聞くことができない社員の話も聞くことができた。
・グループワークなどを通して業務内容について具体的に理解することができたこと。

■三井物産
・中途入社の方の声が非常に具体的で、参考になったから。
・プレゼンが人をひきつけるようでよかった。
・学生に対して社員の方の人数が多かったこと。また、企業のことだけでなく、業界について、キャリアについてまんべんなくお話があったこと。

■日立製作所
・説明会で聞き出した内容は次の選考に活かせることがたくさんありましたので、社員の方に感謝しないといけない。
・グループワークがよかった。日立グループ合同の説明会で、日立グループ全体としての事業内容の広さを体感できた。
・企業の方同士で話している時の態度や雰囲気が良かったので好感が持てた。



なお、「最も志望度が上がった説明会」実施企業の選考に関しては、選考を受けなかったという学生は1割にも満たず(7.4%)、9割強(92.6%)が選考を受けたと回答、1割強(11.6%)が内定を承諾していた。

Q:「最も志望度が上がった説明会」を実施した企業の選考は受けましたか?選考状況を教えてください。 
最も志望度が上がった説明会・選考状況

このように会社説明会においては、特に「社員・社風の魅力」が学生の志望度を上げるうえでのポイントになっており、実際に学生をひきつけた説明会は社員の対応やプログラム構成などにより、それらをうまく伝える工夫がなされていたようだ。

プレゼンテーション・交流会・運営の様子などから、学生はその企業の「人」を、非常によく見ている。会社説明会は社員と学生が実際に接することができる折角の機会。人の魅力を伝えられる「社員とのコミュニケーション機会」が、説明会のプログラムに組み込まれていることが望ましい。


会社説明会企画ノウハウコラム 一覧
この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る