menu
  1. トップ
  2. 調査レポート
  3. 【就職活動アンケート調査】企業選びで「風通しの良い社風・組織風土」って重要? どうやって「風通しの良い社風・組織風土」があると判断している? 学生138人に聞きました

【就職活動アンケート調査】企業選びで「風通しの良い社風・組織風土」って重要? どうやって「風通しの良い社風・組織風土」があると判断している? 学生138人に聞きました

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2016年4月19日

新卒採用支援、新卒採用コンサルティングのジョブウェブでは、運営する就職活動サイト「ジョブウェブ」にて、2016年2月10日~2月14日に2017年度卒業予定の学生を対象に就職活動に関する調査を行い、「企業選びで”風通しの良い社風・組織風土”の重要性」について尋ね、138名の回答を得ました。以下、結果をご報告します。

企業選びにおける「風通しの良い社風・組織風土」の重要性は?

【質問】

あなたが、企業を選ぶ際に「風通しの良い社風・組織風土」をどの程度重視されているでしょうか? 最重要視している場合を10点とし、まったく重視していない場合を1点とした際に、何点となるか?最も当てはまる点数を選択ください。

【回答】

平均:7.86点
企業選びにおける「風通しの良い社風・組織風土」の重要度

「風通しの良い社風・組織風土」を重視する理由は?

【質問】

そのような点数をつける理由を可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】

7~10点を選んだ学生のコメント
・企風通しの良い社風・組織風土の良さはまず、社員のモチベーションに関わると思います。それから仕事の効率を左右し、企業が成長していくと考えています。もちろんこれだけが全仕事の効率を左右するわけではありません。 しかし、これらを意識することは企業の成長につながると思っています。(10点)

・大学時代のさまざまなアルバイト経験から、職場の雰囲気によって同じ仕事でも働くモチベーションが異なることを感じたため。(10点)

・やりたい仕事ができるかどうかにも直結してくる事だと思うし、不満が溜まる環境で働くのは絶対に嫌だから。そして、人数が多ければ多いほど風通しの良さというのは難しくなると思うけれど、社長やその企業の代表者がやろうとしている事を社員が理解し共に達成しようとする事ができる企業で働きたいと思うから。(10点)

・風通しの良い社風・組織風土は、不正や停滞が生じることを防げるだけでなく、職場の雰囲気を個々の能力が発揮できる状態に保つことができるのではないかと思いました。 上や下との連携が上手くとれることは、モチベーションをもって仕事に取り組むことにつながると考えて、高い点数を付けました。(9点)

・一人ひとりが主体的に動ける環境の方がより良い成果を出せると考えるから。大学時代にリーダーを経験した際、部下に考えて動いてもらった方がすべて自分でやるよりもより良いものができると実感した。一人でできる量には限界がある。風通しの良い企業の方が成果が出やすいし、主体的に考える人が多くなるため自分も成長できると思う。(9点)

・まず、私が企業選びで最も重要なポイントとしてとらえているポイントは、業務内容が自分にとってやりたいことであるかである。やりたいことをやっていれば、風通しなどを気にしないくらいまで打ち込めるのではないだろうかと考えているからである。しかし、いくら能力のある人たちが集っても、働きにく過ぎる環境では力が十分に発揮できない。そこで、私自身はそこまで気にしないが、私とともに働く人たちが能力を発揮できない状態であれば、仕事がつまらなくなると考えた。このような点において、風通しの良い企業に就職することは、私自身においてもメリットであり、現在では企業を選ぶ際の重要ポイントとしてとらえている。けれども、先に挙げた通り、最も重要視しているポイントは業務内容であるために、全体としては2番目、3番目くらいに重要視しているということから、この点数であると考えた。(8点)

・風通しが良いというのは、組織が新しいものを受け入れる度量をもっているということだと思うので、自分のやりたいことにチャレンジさせてもらえる環境だと思うから。(8点)

・風通しの良い社風がある企業には、どのカテゴリーの社員(若手、中堅、ベテラン)でも自分の意見や考えをきちんと聞いてもらえる雰囲気があり、どの社員でも活躍する機会ができる限り平等にあるというイメージがあり、そのような環境は私にとって良い職場環境といえるから。 ただ、企業を選ぶ際に最重要の項目かというとそうでもなく、その企業でできることや社員の方が魅力的かどうかや自分に合いそうな人が多そうかなど他の要素も重要になってくるため8とした。(8点)

・これから働く際に厳しい困難を乗り越える局面に出会ったときに、もし風土が自身に合わないことになればやり切ることができないと感じるから。(8点)

・風通しの良いということはつまり、社内の人間関係や制度が整っているということだと思う。私は自分の力を充分に発揮し、企業に長く貢献したいと考えている。そのような環境は、長く円滑に仕事をしていく上でとても大切な要素になると思う。(7点)

・実際に自分がその会社で働くことになった場合、もし担当している仕事が不向きだと感じても周りの環境が良く自分にあっていればなんとか頑張ってみようと思えるから。(7点)

・仕事をする上で社風は個人のパフォーマンスに影響すると思うから。社風が人間関係を作ると思うから。(7点)

・私は企業を選ぶ際に仕事内容を一番重視しており、社風などもそれに影響するものであるので、ある程度は気にしています。例えば自分のやりたい企画の案などを聞いてもらえる会社であったり、意見の通りやすいボトムアップ型であれば、それも私自身の経験したい仕事に繋がる重要なポイントとなるので、その点では重要視しています。(7点)

4~6点を選んだ学生のコメント
・自分がどのポジションに着くかによって組織風土の感じ方は異なると思うため。(6点)

・風通しの良さは、競争率の高さと間接的につながっていると思うので。風通しの良さはプラスだが、ライバル意識が強くギスギスした雰囲気の会社には入りたくない。(5点)

・上司の指示には絶対服従というのには疑問を持つが、ある程度の上下関係があったほうが仕事が円滑に進むと考えているから。(4点)

1~3点を選んだ学生のコメント
・正直、企業がいくら風通しや風土に言及していても,いくらでも美化されるから信頼できない。また,風通しが良いことが必ずしも良い事でないかもしれない。(3点)

・風通しが良いということはおそらく下っ端でも意見が良ければ通る、などといったことを指すのではないかと私は考えています。しかし自分が就職してすぐにはその企業の方針や仕事に対しての意見を述べられるほど余裕がないと思うのであまり重視しません。本当にやりたいことがあったらきちんと仕事のいろはを身に付けてから独立するなり、その会社で管理職になるなど会社を動かせるような立場の人間になれるように励めばいいのだと思います。そのため企業側に下っ端だけど意見を通せるような社風を求めません。企業に風通しの良さを求めるより自分がまず成長し昇格し意見を通させるぐらい会社で権力を握ることが先だと思うので3点を付けました。(3点)

・人によって定義が違うし、どの企業に聞いても返ってくるのは無難な答えという認識が自分の中であるので、社交辞令的にしか受け止めていない。(1点)

「風通しの良い社風・組織風土」があると判断するポイントは?

【質問】

あなたは、企業のどんなところを見て、「風通しの良い社風・組織風土」があると判断されているでしょうか。可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】

・インターンシップ中の、採用担当者同士のコミュニケーションの仕方から。

・社員同士のコミュニケーションが和やかかどうか。

・説明会やインターンなどにおいて社員同士がコミュニケーションをとっている様子から判断します。

・実際に働いておられる方の話や、インターンシップを通して自分の目で見た社員さん同士の関わり方。

・判断材料は多くあるが、特に2つの点をよく質問させていただいて、確認している。まず第一は、上司の方が声を掛けて下さることである。なぜなら、部下からは質問や相談などをしにくいと考えるからである。そこで、上司の方が一声掛けていただけるだけで、そのハードルは一気に下がるであろう。こうすることで、細かい部分まで上司の方も知ることができ、部下の方も細かい疑問まで解決できる。その結果、全体の仕事効率も格段に上がるであろう。第二は、第一と少し似ているが、部下の声が上にまでしっかり通るということである。上司の方々が決めて部下が従うのではなく、部下の意見を取り入れて、上司の方がまとめ、導いているかという部分も大きなポイントであると考える。しかし、これらを説明会等では正直にお答えいただけるか疑問であるため、主にOB訪問などでお伺いしている。

・意見交換の場がきちんと整備され、社員全員が参加できるイベントのようなものを通して、交流ができるところがあれば風通しの良し悪しが判断できると考えます。

・評価制度や社員の話を聞いて。社風の説明で風通しの良さを聞いてもあまり信用しないが、社員が自分の会社の好きなところとして風通しの良さを挙げる場合は信憑性が高いと思う。

・社員が会社全体でやろうとしていること、目標を話すときに曖昧な感じに見える時は風通しの良い企業とは言えないな、と思います。自信を持って、こういうことを目標にしていて、と話してくれる社員が多い時は好印象を持ちます。

・実際に社員の方とお話をすることが一番では、と思います。 ホームページなどで、そのようなことを謳いすぎてると、逆に疑ってしまいます。

・就活生としては、人事の方やOBOGの方を見て判断せざるを得ないといったところだと思います。

・インターンシップや合同説明会などの企業ブースでの社員の方々の様子を観察することや実際に話すことを判断の参考にしている。

・会った社員の方の雰囲気。

・説明会での社員同士の会話やアイコンタクト、笑顔がどれくらいあるかを見たり、若い社員の仕事内容ややりがいを聞いたりして、ある程度判断しています。

・社内起業の数やそれが実現できるような制度や支援があるかどうか。

・社員の方に聞いて、上下関係なく話しやすい雰囲気があるのか確認する。

・OB訪問やセミナーなどで質問してみる。また、比較的年齢の若い社員がある一定のポストについているかを見て判断している。

・入社3年以内に大きなプロジェクトを任されるか。会議などで若手でも自分の意見を言えるかどうかだと思います。

・合同説明会での人事担当者と社員の様子や、インターンシップで実際に社内を見て、雰囲気や円滑にコミュニケーションを取っているかということを見て判断する。

・上司へ意見が言いやすいかどうか。目的を統一するのはもちろんだが、手段は各自に任せてくれるかどうか。社内の新規事業の数。

・あまり重要視していないため聞いたことはないが、OB訪問するしかないと考えている。説明会などではどこの企業もいい顔をすると思う。

・自分の企画に耳を傾けてくれたり、意見を聞いてもらえる会社です。言われたことをただやり続けることももちろん大切ですが、その中でも自分の考えなどを聞いてくれ、かつ筋の通った企画案などであれば、挑戦させてもらえる企業だと考えています。

・上司と部下の関係を観察し、気安さがあるかどうかで判断している。また、受付の女性が、納得して仕事をしている様子かどうか見るようにしている。

■調査概要
調査期間:2016/2/10~2/14
回答者数:138人

■プレスリリース PDF版はこちらから

■記事引用時のお願い
就職活動サイト「ジョブウェブ」調べ、と明記ください。また、WEB上での引用に際しましては本ページ(http://company.jobweb.jp/research/a-118688)へのリンクをお願い致します。


就職活動アンケート調査一覧

企業選びで「企業の経営が安定している」って重要? (実施2016/1/27~1/31 回答数67)
企業選びで「自分が成長できる環境があること」って重要? (実施2016/2/3~2/7 回答数18)
企業選びで「企業の社会貢献度」って重要? (実施2016/2/17~2/21 回答数114)
企業選びで「業界の動向(将来性)」って重要? (実施2016/2/24~2/28 回答数99)
企業選びで「福利厚生などの制度」って重要? (実施2016/3/2~3/6 回答数101)
企業選びで「一緒に働く人(社員)」って重要? (実施2016/3/9~3/13 回答数100)
企業選びで「世間体(や親の意見)」って重要? (実施2016/3/16~3/20 回答数70)
企業選びで「自分の強みを活かせること」って重要? (実施2016/3/23~3/27 回答数55)
企業選びで「企業規模」って重要? (実施2016/3/30~4/3 回答数77)
会社説明会で体験した不愉快なこと&嬉しかったことは? (実施2016/4/13~4/17 回答数70)

就職活動アンケート調査とは?

「なるほど~、他の学生は、こういった感じで企業を選んでいるのね!」という企業選びのポイントが分かること。これが就職活動アンケート調査の目的です。

このアンケート調査結果を学生が読めば「企業選びのポイントが分からない」という悩みや「自分なりに企業選びのポイントは考えているけど、それってどうなんだろう?」という不安を解消させることに役立てることができます。

では、新卒採用に関わる方が読むと、どのように役立てることができるのでしょうか。

学生にとっての【企業選びのポイント】は、裏返すと、企業にとっての【訴求ポイント】です。学生に対して、自社への興味関心を高めるための訴求ポイントは何なのか? このことを考察していく上で、本アンケート調査結果を役立てることができます。

会社説明会のコンテンツ企画に困っている。就活サイト上での集客効果を高めたい。人材紹介会社からの推薦数を増やしたい。選考辞退率を改善させたい。内定段階の学生の志望度が高まるような情報の伝え方を考えたい。

こういった問題意識をお持ちであれば、「学生に対して、自社への興味関心を高めるための訴求ポイントは何なのか?」と考察することこそが、真っ先に取り組むべき課題であるとジョブウェブは考えます。

本アンケート調査結果の活用の際に、何かお困りのことがあれば、ぜひ、私たちジョブウェブにご相談ください

この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る