menu
  1. トップ
  2. 調査レポート
  3. 【就職活動アンケート調査】企業選びで「企業の社会貢献度」って重要? どうやって「企業の社会貢献度」を判断している? 学生114人に聞きました

【就職活動アンケート調査】企業選びで「企業の社会貢献度」って重要? どうやって「企業の社会貢献度」を判断している? 学生114人に聞きました

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2016年4月26日

新卒採用支援、新卒採用コンサルティングのジョブウェブでは、運営する就職活動サイト「ジョブウェブ」にて、2016年2月17日~2月21日に2017年度卒業予定の学生を対象に就職活動に関する調査を行い、「企業選びで”企業の社会貢献度”の重要性」について尋ね、114名の回答を得ました。以下、結果をご報告します。

企業選びにおける「企業の社会貢献度」の重要性は?

【質問】

あなたが、企業を選ぶ際に「企業の社会貢献度」をどの程度重視されているでしょうか? 最重要視している場合を10点とし、まったく重視していない場合を1点とした際に、何点となるか?最も当てはまる点数を選択ください。

【回答】

平均:6.77点
企業選びにおける「企業の社会貢献度」の重要度

「企業の社会貢献度」を重視する理由は?

【質問】

そのような点数をつける理由を可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】

7~10点を選んだ学生のコメント
・社会貢献をビジョンに掲げている企業は自分たちの仕事がなくてはならないものだというプライドが感じられる。プライドを持って仕事に取り組む姿は純粋にかっこいいと思う。突き詰めて考えると社会に貢献していない企業などないが、企業側がどれだけ社会貢献を意識しているかは差があると思う。(10点)

・社会の貢献度が高いほど、その企業は世の中のために何かをしようとしていると感じるからです。私も世の中のためになるような仕事をしたいと考えているので、同じような志を持つ方々と働けると思うと、優先度はとても高いです。(10点)

・企業の価値は社会に評価されてこそだと思うからだ。そのためには顧客等を介した社会貢献と、納税による社会貢献のどちらもが出来ている必要があると考える。そしてそれを評価されてこそ、その企業の存続が認められるものだと思う。(9点)

・社会貢献は、人の役に立つということと同じことです。なので、誰かの役に立つような仕事がしたいと私は考えているので、その企業がどれほど社会貢献をしているか、ということはとても重視します。(9点)

・やはり仕事をする上で何かに貢献しているようなものでないと、自己満足で終わってしまい何となく虚しく感じるからです。見ず知らずの誰かの役にたっているような仕事で給料を得たいと考えています。(8点)

・希望する業種は研究開発を重視するメーカーであるため。 研究開発に資金を投資するためには、投資した資金を回収可能である必要がある。実際、中堅の製薬企業や化学メーカーの説明会に参加すると、社会的に需要の見込める分野で自社の強みを活かせる重点領域を設定していることが多かった。研究開発型企業は、常に業界の先頭に立ち新しい価値を生み出す必要がある。私は最先端の研究開発を行っている企業に加わり、社会に貢献出来る研究活動を推進することを希望している。(8点)

・社会を良くするようなビジネスをしたいと考えているから。 ネパールでのボランティア活動を通して、社会問題はビジネスで解決するべきだと痛感した。 企業が人を幸せにすること(欲求を満たすこと)を目的として存在しているのであれば、 社会貢献とビジネスの目的はつながると考えているから。(8点)

・仕事の目的は社会に貢献することだと考えているからです。 現在の日本のほとんどの職業は1人が生活をするには十分な所得を得ることができます。つまり職についた時点で生活資金を稼ぐという目的はほぼ達成されると考えます。そこから、何のために働くかは人それぞれですが、私は周りの人のため、大きく言えば社会のためだと考えます。したがって、仕事の基盤である企業の社会貢献度は私にとって重要性が高いです。 しかし、企業理念への共感や業務内容など自分の適正とのマッチングが最重要と考えているため、8点にしました。(8点)

・やっていて人に言える仕事、誇りを持てる仕事でなければ働く意味がないと考えているため。(7点)

4~6点を選んだ学生のコメント
・自分が社会を変えている!より良くしている!という実感・やりがいはやはり、「企業の社会貢献度」によるのではないでしょうか。しかし、自分が携わっている業務内容が、社会貢献度が低いと思われ、自己満足だと言われようとも、こだわりたい・成し遂げたい気持ちも大切であるので6点としました。 つまり、私の中で比重が高いのは「成し遂げたいこと>社会貢献度」です。(6点)

・社会の為になることが企業として必須であると思うが、社会に対しての関わり方は種々多様なので貢献というよりは社会や人のためという所に目を向けています。(6点)

・社会への貢献度は、今の自分には測れないと思うから。会社が続いているならば、それはある程度のニーズがあるからだと考えるから。(5点)

・ボランティア活動などはどうでもよいが、世界に先駆けた技術を開発しているかという点での社会貢献は重視する。(5点)

・他人が聞いて「社会貢献している」とあまり感じさせずとも社会に貢献している部分はどの企業にも多くあると思います。 しかし、明らかにこの企業は……というような評判の付くところにはなかなか行きたいとは思えません。 なので特に社会貢献度を重要視している、していないの中間を選びました。(5点)

・社会貢献度よりも自分のやりたいと思うようなことがその企業でできるのかということを考えて企業をみているので、自分のやりたいことがたまたま社会貢献度の高いものに繋がっているということはあっても、敢えて社会貢献度の高い企業を選ぶというとことはないです。(4点)

1~3点を選んだ学生のコメント
・社会貢献度と言っても様々な考え方があると思います。私の場合は「貧困や格差などの社会的問題を解決できる仕事内容の企業」を社会貢献度の高い企業だと定義しました。この点数を付けた理由は、社会貢献度の高い企業に興味がないためです。社会貢献度の高さよりも、自分が会社に貢献度出来る度合いの高い興味に興味があります。(3点)

・社会貢献をしているかどうかを客観的に比較するのは難しいと思うため。(3点)

・自身の企業選びの軸はあくまで、どんな人と何ができるかであり、企業の社会貢献度はさほど重要ではない。(3点)

・企業というものは新たな価値を生み出して、消費者からその対価を受け取っているものだと考えている。 新たな価値を創出して対価を受け取っている企業というのは、その時点でもう消費者を通して社会に貢献している。(2点)

・全く意識していないわけではないが、自分にとって良い刺激になる、自分自身が成長できる仕事を選びたいと考えてるため、社会貢献度には特別重きを置いてはいない。(2点)

「企業の社会貢献度」があると判断するポイントは?

【質問】
あなたは、企業のどんなところを見て、「企業の社会貢献度」を判断されているでしょうか。可能な範囲で具体的にご記入下さい。

【回答(一部抜粋)】

・ビジョンや理念。

・社会や日常の中にある問題を解決しているかどうかを見て、社会貢献度が高いと思っています。また、私たちの生活に新たな価値を生み出す企業も社会貢献度が高いと思っています。

・自分たちの仕事がどう社会を良くしているか、社員が活き活きと語っていること。とある会社の経理の方に話を聞いたときに感じた。経理はつまらない仕事だと思っていたが、「会社がやりたいと思っていることを投資家の方に説明して、理解していただきお金をいただく。それが人々の暮らしを良くすることに繋がるので、すごくやりがいを感じる」と語っており、考え方次第だと感じた。そういった意識が一人ひとりの社員に根付いている会社は、社会貢献度が高いと考える。

・地域復興に取り組んでいるところ。JTBが世界一綺麗な星が見える村の復興をしたのを聞き、実績をしっかり残している。結果として、その村は観光地としていまも栄えている。そのような結果が目に見てわかった時。

・顧客等を対象にしたランキングや納税額。売り上げ高。顧客の満足度の高い企業は貢献度が高いと考える。また国に対しての納税額が多い企業ほど、経営はきちんとしており、永続的な社会貢献に繋がると考える。

・顧客満足度や、社会活動に表れるとおもうので、HPや口コミサイトをみながら判断しています。

・就職活動をしていない周囲の人々のその企業に対するイメージとして「社会貢献度が高い」かどうか。

・その企業の仕事内容、あるいは企業HPに記載してあるCSRの情報から判断している。

・事業が顧客に与える影響、独自性、競合他社との差別化。

・利益と結びつくことは無いが社会問題や世界の抱える問題に対し解決策を提示し実行していることがわかれば企業の社会貢献度が高いと見なす。

・どれだけ顧客目線で事業を運営しているか。つまり、顧客の求める価値に敏感か。低価格というような目に見える物ではなくて、顧客のライフスタイルに合わせてプロダクトの提供の仕方や関わり方、または製品開発を行っているかがその基準にあると思う。単にCSR活動が成果を上げているだとかよりも、長期的な目で事業を成長させていこうという視点でステークホルダーに貢献している企業の社会貢献度は高い。

・製薬企業であれば、自社開発の化合物がパイプラインに入っているかどうか。化学メーカーの場合、独自の技術・強みを持つ領域を有するかどうか。研究開発型の企業であれば、独自の技術、強みを有する企業は社会により貢献出来るのではないかと考えている。

・企業の事業内容。直接的に関係する相手はもちろんのこと、その事業が最終的にどれだけの規模の人数に影響を及ぼすかということに注目している。また、新規事業として地方創生や教育など公共の領域に関係した取り組みを行う企業が増えているので、そうした点にも注意を向けるようにしている。

・そのビジネスで不幸になる人がいない企業。その企業がビジネスをすることによって、 自社内も顧客も社会も良くなっていると考えられるようなビジネスをしているところ。 私はスターバックスでアルバイトをしているが、自社内の人を大切にすることによって、顧客へのホスピタリティ精神も向上し、 コーヒー豆を倫理的に調達することで、児童労働の問題も解決している。 すべての企業が、自社の関わる人全てを幸せにすることを目的としたビジネスをすれば世界はきっとよくなる。どれだけ沢山の人を幸せに出来るかが社会貢献度の高さにも影響してくる。

・人それぞれ考え方は違いますが、私は市場が大きいところでの仕事というものは社会貢貢献が高いように感じます。多くの人、多くの場面で使用されるものや場所での仕事というものは社会貢献度は高いと考えています。

・インフラに関わっている企業は社会貢献度が高いと判断しています。 社会貢献度が高いということを「多くの人の生活に欠かせないものを提供すること」と考えているからです。 また、スマートフォンが代表する電子機器なども今の生活には欠かせないものであり、未来を想像して新しい生活スタイルを作り出す仕事をしている企業は話を聞くだけでワクワクするし、将来的には社会貢献度が高くなると考えています。

・例えば、ヤフーが「クリックするだけで〇〇の被災地へ××円募金できます。」などの活動を行っていたりすると、多くの人が募金という明らかな社会貢献活動に社会貢献度が高い企業だと感じるでしょう。しかし、実はそういった部分は表立っているだけなのであまり社会貢献度が高い低いという判断はしずらいような気もします。どの企業も業務内容や実績から判断しています。

・会社の利益だけに固執せず、エンドユーザー等の利益を考えたことをしている。

・利他的であること。個人、法人を問わずお客様に対して「応援」の姿勢があるか感じられるかどうかで判断している。業界や規模は問わない。

■調査概要
調査期間:2016/2/17~2/21
回答者数:114人

■プレスリリース PDF版はこちらから

■記事引用時のお願い
就職活動サイト「ジョブウェブ」調べ、と明記ください。また、WEB上での引用に際しましては本ページ(http://company.jobweb.jp/research/a-118692)へのリンクをお願い致します。


就職活動アンケート調査一覧

企業選びで「企業の経営が安定している」って重要? (実施2016/1/27~1/31 回答数67)
企業選びで「自分が成長できる環境があること」って重要? (実施2016/2/3~2/7 回答数18)
企業選びで「風通しの良い社風・組織風土」って重要? (実施2016/2/10~2/14 回答数138)
企業選びで「業界の動向(将来性)」って重要? (実施2016/2/24~2/28 回答数99)
企業選びで「福利厚生などの制度」って重要? (実施2016/3/2~3/6 回答数101)
企業選びで「一緒に働く人(社員)」って重要? (実施2016/3/9~3/13 回答数100)
企業選びで「世間体(や親の意見)」って重要? (実施2016/3/16~3/20 回答数70)
企業選びで「自分の強みを活かせること」って重要? (実施2016/3/23~3/27 回答数55)
企業選びで「企業規模」って重要? (実施2016/3/30~4/3 回答数77)
会社説明会で体験した不愉快なこと&嬉しかったことは? (実施2016/4/13~4/17 回答数70)

就職活動アンケート調査とは?

「なるほど~、他の学生は、こういった感じで企業を選んでいるのね!」という企業選びのポイントが分かること。これが就職活動アンケート調査の目的です。

このアンケート調査結果を学生が読めば「企業選びのポイントが分からない」という悩みや「自分なりに企業選びのポイントは考えているけど、それってどうなんだろう?」という不安を解消させることに役立てることができます。

では、新卒採用に関わる方が読むと、どのように役立てることができるのでしょうか。

学生にとっての【企業選びのポイント】は、裏返すと、企業にとっての【訴求ポイント】です。学生に対して、自社への興味関心を高めるための訴求ポイントは何なのか? このことを考察していく上で、本アンケート調査結果を役立てることができます。

会社説明会のコンテンツ企画に困っている。就活サイト上での集客効果を高めたい。人材紹介会社からの推薦数を増やしたい。選考辞退率を改善させたい。内定段階の学生の志望度が高まるような情報の伝え方を考えたい。

こういった問題意識をお持ちであれば、「学生に対して、自社への興味関心を高めるための訴求ポイントは何なのか?」と考察することこそが、真っ先に取り組むべき課題であるとジョブウェブは考えます。

本アンケート調査結果の活用の際に、何かお困りのことがあれば、ぜひ、私たちジョブウェブにご相談ください

この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

関連する記事
表示する内容がありません

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る