menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. 調査レポート
  3. 【就職活動アンケート調査】学生が集中して取り組んでいること/興味を持っている業界について知りたいこと

【就職活動アンケート調査】学生が集中して取り組んでいること/興味を持っている業界について知りたいこと

Jobweb編集部
Jobweb編集部
2018年2月2日

新卒採用支援、新卒採用コンサルティングのジョブウェブでは、運営する就職活動サイト「ジョブウェブ」にて、2017年10月10日~10月20日に2019年度卒業予定の学生を対象に就職活動に関する調査を行い、「集中して取り組んでいること、頑張っていること」及び「興味を持っている業界について知りたいことや疑問に思っていること」について尋ね、100名の回答を得ました。以下、結果をご報告します。

ジョブウェブは、学生が自身の「興味のあること」を発見し、また、企業の皆様が「学生の声と向き合うこと」を支援しており、その活動の一環としてさまざまなアンケート調査を実施しています。

先月あなたが集中して取り組んだことを一つ教えてください。


【質問】

Q.あなたが、先月に頑張ったことがあることとして、最も当てはまる選択肢を一つお選びください。

【回答】

【就職活動アンケート調査】学生が集中して取り組んでいること


【質問】

Q.「先月に頑張ったこと」について、具体的な内容(どんなことを、どの程度頑張ったのか?)、頑張る理由(なぜ頑張っているのか?) を可能な範囲で具体的にご説明ください。

【回答コメント】

Aさんのコメント
・頑張ったこと: 学業(ゼミ、研究)
自分の研究を進めるために毎日研究室に行き、1日8時間以上を費やして実験を行った。自分の行っている研究はIT分野でありながら、人間の作業が結果に大きく影響するため、実際に実験してみないときちんとした結果が得られないという難点があります。また、機械処理だけではないためシミュレーションは実行しずらいという点もあります。その中で自分の考えていた手法があまりよい結果が得られず研究の方向性を変える必要があることがわかり、試行錯誤を毎日繰り返しました。

・頑張る理由
11月に現在の研究成果の途中報告をする必要があるため。大学院に進学してから半年の成果をきちんと形にまとめるひつようがあり、それの準備を速く進めなければならないから。また、学会への論文投稿も考えており、そのためには、まず実験の結果データが必要になるため、はやく研究の成果を出そうと努めています。学業で結果を出すことができれば、現在借りている奨学金の返済の免除をいただけることもあるため、そのためにも実績を作りたいというのもあります。

Bさんのコメント
・頑張ったこと: 海外留学
海外大学において、1か月に渡って海洋工学を学んだ。すべて英語で授業を行うこと、日常会話も英語で行うこと、慣れない海外の生活になじむことに苦労したが、それらをすべて乗り越え充実した留学生活を送った。

・頑張る理由
自身のエンジニアとしてのキャリアを積むため、あるいは海外での生活に挑戦することが自身のキャリアの幅を広げると考えたため。

Cさんのコメント
・頑張ったこと: インターンシップ
第一志望の企業の、5日間のインターンシップに参加した。その中で、私は主に2つのことに注力した。第一に、インターンシップで出会った他の学生と、できる限りたくさん話し、仲良くなった。私の参加したコースには10人のインターンシップ生がいた。私は私立大に通う一方で、他のインターンシップ生は偏差値の高い国公立大学に通う学生ばかりで、彼らの方が優れているように感じてしまい、最初は話すことや意見を言うことに躊躇した。しかし、インターンシップの内容以外、休憩時間などに彼らと仲良くなり、彼らと積極的に関わることで、自分の意見も言うことができるようになった。彼らと関わることで、彼らの将来に大きなビジョンを掲げ努力を続けている姿に触発された。第二に、インターンシップに参加した企業の事業内容をよく知ることを頑張った。事前にインターネットや新聞をよく読み、インターンシップでの説明をよく聞き、そして必ず1つ以上疑問を出すようにした。質問をすることで、読んだこと見たことが、頭に定着し、また、社員さんと直接関わることでしか得られない情報を得ることができた。

・頑張る理由
第一志望の企業のインターンシップであったため、その企業で働くというゴールに少しでも近づくため。第一に、他のインターンシップ生のレベルが自分よりも高く感じたため、企業の本選考で、いずれライバルのような存在になる彼らと競えるような力をつけたかった。また、インターンシップ企業のことをよく知ることで、本当に自分がその企業に合うのかを確認したかった。自分がその企業で活躍できるのか、役に立つことができるのかを確認するために、企業の理解を深めることに注力した。

Dさんのコメント
・頑張ったこと: 学生団体活動
毎号20万部発行している高校生向け受験情報フリーペーパーの最後の編集長を務めたことです。1年間続けてきた集大成として、今までの経験を生かしながら作成しました。企画立案・ライター22人の原稿添削・レイアウト作成・デザイナーとのやり取り、入稿作業全てに関わっています。今号では、内容の質を担保すること(新規性など)に特にこだわりました。そのため、少しでもよくないと思った記事や企画については1から全て自分で書き直すなどしていました。

・頑張る理由
高校の先生との信頼のもとに配布していただいているフリーペーパーなので、デザイン・中身ともに手を抜けば信頼を失い、配布していただけなくなる可能性が高いこと、そしてこのフリーペーパーは毎号売上が何百万単位ですので、それを無駄にすることはできないというプレッシャーからです。自分が頑張らなければ、団体の存続に関わるというのはかなり大きな背金を感じていました。今まで先輩たちが築き上げてきたものを自分が壊すことはできない、むしろもっとよくしていかないといけないと思い頑張りました。

Eさんのコメント
・頑張ったこと: サークル活動
先月私は所属する国際交流サークルの活動に力を入れて取り組んだ。具体的には、大学留学センターと連携して、米国からの留学生のサポートを行った。彼らの来日前には、米国の担当者とコンタクトをとり、留学生がスムーズに来日できるように、持ち物や利用すべき施設の案内を行なった。来日後には、携帯購入や住民票取得の補助、履修登録の手伝いを行なった。先月の具体的な活動日数としては、15~20日前後であった。

・頑張る理由
私がこの活動に取り組む理由は、恩返しである。私は高校時代と大学時代に海外留学を経験した。その際に現地でトラブルに陥ることが多々あった。その度に、多くの人に支えてもらい、無事に留学生活を送ることができた。その経験から、自分も異国の地で不安を抱える留学生の支えになりたいという思いから、この活動を続けている。また、サポートを行なった留学生から感謝の言葉を述べられたり、彼らが帰国の際に恩を感じてくれていると感じた時にやりがいを感じることができる。

Fさんのコメント
・頑張ったこと: 学業(ゼミ、研究)
先月は、第一著者の論文を二本投稿し、一件の学会発表を行なったことが私の中で最も頑張ったことだと思われる。特に前者は、現在学生研究員として働いている研究所での勤務を継続しながら、大学の研究室での研究を論文にまとめたものであり、時間的余裕がない中の執筆であった。より具体的には、深層学習技術の高速化を研究しているが、高速化に向けての実装(プログラミング)が最も大変であり、初めて用いるプログラミング言語を学習しながらのものであったため、実装コストに加え、学習コストが大変かかった。そのため、数日研究室に寝泊まりするような形だった。

・頑張る理由
抽象的にいうと、将来、大規模なデータの処理や、人工知能技術を加速させ社会に貢献することが私の高校生からの夢であり、そのための研究に日々励んでいる。現在学生研究員として働いている研究所でもそのより社会に近い産業よりの研究を、大学院では、よりサイエンスの領域に近い手法で研究開発を重ねている。その過程で、自分の研究者としての実績作り及び、研究成果の対外発表を行うべく、先月は論文の執筆や学会等での発表に勤しんでいた。

Gさんのコメント
・頑張ったこと: インターンシップ
長期インターンシップに従事した。具体的には、人事部新卒採用チームで新卒採用ブランディング企画立案を行なった。週5日勤務で社員と同じ水準のアウトプットを求められた。結果的にはインサイトの深掘りという段階に留まりアウトプットを形にするまでには至らなかったが、上司にFBをいただきながらトライアンドエラーを繰り返した。

・頑張る理由
インターンシップ当初は「学生でもここまでできる」という気持ちで、社員にアピールするために頑張っていた。ところが、業務を遂行するにつれ、一企業としてまだ知られていない魅力を多くの学生に伝えたいと思うようになった。それ以降はとにかく新卒採用において企業のため、そして学生のために、私が採用ブランディングに貢献することで学生たちにインターン先企業の魅力を伝えたいと思って仕事をした。

Hさんのコメント
・頑張ったこと: 学業(ゼミ、研究)
最近ようやく修論の研究テーマが定まり、教授の尽力を賜り膨大なデータを扱うことになりました。そのため、研究の手始めとしてまず、研究の対象に関連する先行研究のリストアップし、それらを読み進めていくことを実施しました。これは、具体的な研究方針を模索するための大切なプロセスです。また、ビッグーデータの取り扱い方を学べそうな論文や著書も並行して読み進めていくことで、より具体的に今後の研究計画のイメージを固める努力をしました。

・頑張る理由
私の統計分析スキルを磨くために修論では膨大なデータをどんな対象でもいいので扱いたいと言うのが修士に進んだ一つの理由で、その意思を教授に買っていただき、多額の資金を投じてデータを購入していただきました。そのため、教授への期待にも応えたいと思いと、私自身のスキルの向上のために努力を惜しんでおりません。また、偶然ではありますが研究対象が私の興味あるものであったため、より打ち込む気力が芽生えたためです。

Iさんのコメント
・頑張ったこと: 就職活動
複数の逆オファーサイトへの登録とプロフィールの更新。全てのサイトで記入率90%以上になるよう、更新を重ねた。その結果、いくつかの企業と接点を持つことができた。そして、その企業への訪問や、インターンシップ選考を受けに行った。その中で、自分が見ていなかった業界のことを知れたり、本選考を受けてみたいと思える企業と出会えることができた。また、他の学生も就職活動を頑張っており、レベルが高いと感じた。

・頑張る理由
就職活動に不安があるため、早期から動き始めたいと考えているから。サマーインターンシップに参加した際に、私はグループディスカッションがとても苦手であると知ることができた。そこで、自分が他の人より早く就職活動に取り掛かり、選考も早くからたくさん受けて経験を積まなければならないと感じた。また、早くから就職活動に取り組むことで、自己分析をせざるを得なくなり、自分と向き合うことができたと思う。

Jさんのコメント
・頑張ったこと: 学業(ゼミ、研究)
会計系のゼミに所属している。一年を通してグループで自由にテーマを設定して研究をするというかなり放任的(FBは厚い)なゼミであるが、先月は中間の位置づけ発表があった。そのためにグループのメンバーと週に2~3回ミーティングを行い、研究を深めていった。ゼミの先輩からは先行研究の読み込み、整理が足りていないとの指摘を受けていたため、関連する論文を持ち寄って議論を行い、論理的な破綻がないか注意しつつ資料作成を行っていた。

・頑張る理由
まず第一に、自分の意志で所属を決めたゼミであるため、一生懸命取り組むことは普段から意識していることである。また、研究自体が自分が以前から興味を持っていた管理職に関するテーマであったため、論文を読んだり、メンバーと議論を重ねていく中で多くの発見があり、楽しみながら行うことができたのも要因である。加えて、一年かけて行う研究において、中間発表の出来は最終的な研究成果を左右すると考えていたため、時間があるうちに進めておきたかったからである。


興味を持っている業界について知りたいことや疑問に思っていること


【質問】

Q. あなたが興味を持っている業界を1つ以上(最大3つ)お選びください

【回答】

【就職活動アンケート調査】興味を持っている業界


【質問】

Q. 「興味を持っている業界」に関する興味を深めていく上で、あなたが知りたいことや疑問に思っていることを自由にご記入ください。

【回答コメント】

Kさんのコメント
・興味のある業界: 商社、メーカー、インフラ

・業界について知りたいこと
その企業が社会にどのように貢献しているのかが一番知りたい。そのうえで、社員がそれを強く意識して働いているかなどを実感してわかると、自分が働くイメージが付きやすいと思う。

Lさんのコメント
・興味のある業界: コンサルティング、銀行、不動産

・業界について知りたいこと
各業界で活躍している人に共通する特徴。1日や1週間の本当のスケジュール。各業界から見た他業界。転勤というものがどの程度大変なのか。年収事例やどのような人物が各業界で評価されるのか。この変化の激しい時代において、各業界が10年後・20年後などのような変化を遂げていているかやどのような変化を遂げていたいか。

Mさんのコメント
・興味のある業界: インフラ

・業界について知りたいこと
インフラ業界の中でも特に電力に興味があります。そして私が興味を深めていく上で私が知りたいことや疑問に思っていることは主に三つあります。一つ目は、電力自由化の中で各社は経済性を優先して電源を選択していくのか、それともある程度の経済性は犠牲にしてベストミックスを重視していくかということです。二つ目は、自由化で既存の電力会社が吸収合併される可能性はあるのかということです。三つ目は、企画系の仕事では理系のどのような素養が求められているかということです。

Nさんのコメント
・興味のある業界: 商社、証券、IT(情報処理/ソフトウェア/ハードウェア)

・業界について知りたいこと
まずは、企業理念にもっと噛み砕いた説明を付け加えて欲しい。さらに、短期、中期、長期の計画、特に、事業内容についてどの程度具体的なビジョンを持っているかを分かりやすく示して欲しい。あとは、入社後すぐにはやらないようなことをインターンでのみ行うことに、果たして、意味があるのかを考えて欲しい。

Oさんのコメント
・興味のある業界: メーカー、インフラ、証券

・業界について知りたいこと
メーカーやインフラなど、技術力が高く人びとの生活になくてはならない部分に関わりたいと思っているが、自分は文系なので、技術的な面で関わることはできず、就職しても事務職となる。文系の事務職でも、人の生活を助けることができているとか、やりがいを感じることができるのか、もしくはそうするためには入社後どのような態度で仕事に取り組めばよいか。

Pさんのコメント
・興味のある業界: メーカー、銀行

・業界について知りたいこと
ワークライフバランスはどのようなものか。尊敬できる先輩がいるか。離職率、有給取得率、育休取得率はどうか。職場の雰囲気はどうか。転勤はどのくらいの期間でどの場所になるのか。評価が正当か。残業代は出るか。

Qさんのコメント
・興味のある業界: 商社、銀行、不動産

・業界について知りたいこと
就職する前と後でその業界や職業に対する考え方やイメージがどのように変化したかや、長く働いている方にその業界の魅力を伺いたい。また、どうしてその業界に進みたいと思ったのかについても伺いたい。

Rさんのコメント
・興味のある業界: コンサルティング、インフラ、不動産

・業界について知りたいこと
実際には、人事の方とお話しする機会は比較的多いと思いますが、現場で働いている社員の方がどのような考え方を持って仕事に取り組んでいるのか、どのようなライフスタイルを持った人が会社にいらっしゃるかを知りたいです。

Sさんのコメント
・興味のある業界: メーカー、インフラ、保険

・業界について知りたいこと
それぞれの業界がどのように繋がっているのかについて知りたいです。1つ1つのことは分かっていても大きく見てみると分からないことがあり、深く知るという意味においても繋がりというものは大切なものだと思っているため、知りたいと思います。

Tさんのコメント
・興味のある業界: 業界で絞っていない

・業界について知りたいこと
個人的には、「業界」で入りたい企業を選ぶのはナンセンスだと思っている。どれだけ明確なビジョンを持ち、世界をどのように変え、人をどれだけ大切にしているか。私が大事だと思っているのはこの部分であるため、ここさえしっかりしれば業界は問わない。ただ、現時点で成熟しきっていて成長性に乏しい企業には行きたいとは感じない。


なぜターゲット学生の「興味関心」を知る必要があるのか

就活生は「自分に関係すること」「自分の興味のあること」については関心を持ち、行動を起こします。 裏を返すと、興味関心のないことについて行動を起こしてもらうことは難しいものです。自社のオファーに対して、「話を聞いてみたいな」と思ってもらうキッカケとして、学生の興味関心をベースにした対話の機会を提示することが、学生に自社のことを伝えるためのスムーズな一歩になります。

あらかじめ興味関心で絞り込んだ学生リストから気になる学生をピックアップするだけ。学生それぞれの興味関心をベースにした対話(面談)の機会を提供する新しいジョブウェブのサービス、「インタレスト」の詳細はこちらから。




■調査概要
調査期間:2017/10/10~10/20
回答者数:100人

■記事引用時のお願い
就職活動サイト「ジョブウェブ」調べ、と明記ください。また、WEB上での引用に際しましては本ページ(https://company.jobweb.jp/research/a-119909)へのリンクをお願い致します。



就職活動アンケート調査一覧

企業選びで「企業の経営が安定している」って重要? (実施2016/1/27~1/31 回答数67)
企業選びで「自分が成長できる環境があること」って重要? (実施2016/2/3~2/7 回答数18)
企業選びで「風通しの良い社風・組織風土」って重要? (実施2016/2/10~2/14 回答数138)
企業選びで「企業の社会貢献度」って重要? (実施2016/2/17~2/21 回答数114)
企業選びで「業界の動向(将来性)」って重要? (実施2016/2/24~2/28 回答数99)
企業選びで「福利厚生などの制度」って重要? (実施2016/3/2~3/6 回答数101)
企業選びで「一緒に働く人(社員)」って重要? (実施2016/3/9~3/13 回答数100)
企業選びで「世間体(や親の意見)」って重要? (実施2016/3/16~3/20 回答数70)
企業選びで「自分の強みを活かせること」って重要? (実施2016/3/23~3/27 回答数55)
企業選びで「企業規模」って重要? (実施2016/3/30~4/3 回答数77)

その他の就活・採用調査レポート一覧へ
この記事を書いた人
Jobweb編集部
Jobweb編集部

採用オピニオンメディア”ジョブウェブ” 編集部

ジョブウェブがご支援するのは学生や企業だけではありません。企業の中で活躍する個人の成長に貢献することも、重要な役割だと考えています。 人事担当者や経営者が、専門性を身につけ長く活躍できるよう、採用トレンドから方法論、採用哲学に至るまで、多様な角度から情報を提供します。

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る