menu
ログイン
ログインするとより便利に!
会員登録がお済みでない方はこちらから
  1. トップ
  2. 成功事例
  3. ジョブウェブメディア活用事例

Jobwebは新卒採用で
マーケティングするためのメディア
です。

メディアとしての特徴


企業の中身で勝負できるメディア

Jobwebのユーザーが重視する企業選びの軸は、自分のやりたいことができるか(1位)、成長できるか(2位)、会社の雰囲気・社風(3位)、事業内容(4位)、理念・ビジョン(5位)など。Jobwebは、企業の外見(業界の人気度や会社の知名度)ではなく、中身(事業内容や仕事内容、組織風土)で勝負することができるメディアです。

コンテンツで集客できるメディア

メディアの集客は募集ページを露出させるための「広告」が一般的ですが、Jobwebでは「広告」をお勧めする代わりに「コンテンツ」をつくることをお勧めしています。コンテンツは誰でも無料で簡単につくることができます(作成したコンテンツはJobweb上に無料掲載)。広告費用を積み増すことなく、無料でコンテンツをつくることで募集ページの露出を高めることができます。

シンプルな料金プラン

募集掲載が0円から始められるエントリー課金モデルと、月額定額型の情報掲載モデル。 これがJobwebの料金プランです。 ジョブウェブメディア商品

ご活用中の企業の皆さま

トヨタ自動車、エイ・アイ・シー、コスパクリエーション、DMM.comlabo、ピクシブ、ライフネット生命、サイボウズ、富士フイルム、オイシックス、ワークスアプリケーションズ、HDE (敬称略・順不同)。 ※その他、多くの企業様にご活用いただいております。

他サービス比較


人材紹介

【1】コスト:人材紹介は、内定承諾1名あたり80~100万円(市況により変動有り)の料金が発生する完全成功報酬型の商品。サービス利用時の採用人数が0名の場合、コストは0円。

【2】マッチング: 人材紹介会社によるスクリーニングがあるため、求人メディアよりもきめの細かい母集団形成ができる。また、人材紹介会社の場合は「候補者の志望度を高めるために、クライアントに対して臨時の社員面談を提案する」といった、クライアント(企業)と候補者(学生)の間に介在しているからこその価値を発揮することもできる。このように、入口(集客フェーズ)から中間(選考フェーズ)・出口(内定フェーズ)に至るまでのすべてのプロセスでマッチングが可能。

【3】活用ポイント:  「コストは0円」というのは商品単体のコストを指しており、商品の運用コスト(社内工数)が別途必要。人材紹介サービスの特徴はマッチング精度の高さであるが、このマッチング精度を高めようとすればするほどに人材紹介会社からの個別要望に応えるための社内調整などの運用コストが発生すること。そして、人材紹介サービス利用による採用成果をつくっていくためには、相応の運用コストの投入が求められるということ。この2点を覚えておきたい。

スカウト

【1】コスト: 完全成功報酬型や月額課金型など料金体系はさまざま。完全成功報酬型の場合は人材紹介の価格帯よりも低めに設定されていることが多く、月額課金型の場合は、求人メディアの価格帯よりもかなり低めに設定されていることが多い。

【2】マッチング: 学生からの「応募を待つ」のではなく、自社に適した学生を「探してアプローチする」という商品特性上、求人メディアよりもきめの細かい母集団形成ができる。

【3】活用ポイント: ここ数年でスカウトの認知は急激に高まり、スカウトを利用することがかなり一般的になっている影響で、利用学生の「オファー慣れ」が進んでいる状況。オファーメッセージの内容が「本当に自分に向けたものなのか、否か」を感覚的に判断できる学生が増えてきている。そのため、作業効率重視でダイレクトメール的に定型文を一斉配信するのではなく、学生1人1人にカスタマイズした丁寧なオファーを送信するという地道な活動をやりきれるか? という観点が重要になってくる。

イベント

【1】コスト: イベントの規模や参加者属性によって出展料金が決まる商品。大型の合同企業説明会から、数十名の小規模イベントまで、その内容はバリエーションに富む。

【2】マッチング: イベントは、かなり限られた時間で参加学生とコミュニケーションしていくという商品の特性上、大規模母集団を形成する目的には向いているが、マッチングには向かないことが多い。

【3】活用ポイント: イベント当日の接触人数やアンケート回答人数よりも、自社選考への応募数が重要。自社選考への応募を働きかける上ではイベント当日のパフォーマンスが大きく影響することはもちろんだが、イベント後のフォローも徹底したい。イベント当日に送信するサンクスメール。数日後に送信するリマインドメール。さらに数週間後に送信する状況確認メール。学生の志向や状況は移ろいやすいからこそ、イベント接触学生には継続的に連絡を取り続けていきたい。

Jobweb: エントリー課金モデル

【1】コスト: 募集へのエントリー1名あたり7,500円の料金が発生する完全成功報酬型の商品。サービス利用時の採用人数が0名の場合、コストは0円。

【2】マッチング: 「ウチの会社の場合、もっとこういった募集をした方がターゲット学生が集まるのでは? もっとこういった情報を伝えた方がターゲット学生に訴求できるのでは?」ということを考えながら募集を出すため、一般的な求人メディアよりもきめの細かい母集団形成ができる。

【3】活用ポイント: 一般的な求人メディアと違い、複数の募集・複数の採用コンテンツを無料で出すことができるため、ターゲット学生に対して「自社の認知を高めたり、自社への興味を喚起する」ためには、どのような募集や採用コンテンツをつくっていけばよいのかを試行錯誤していきたい。

Jobweb: 情報掲載モデル

【1】コスト: 月額10万円の定額商品です。

【2】マッチング: 「貴社の場合、もっとこういった募集をした方がターゲット学生が集まるのでは? もっとこういった情報を伝えた方がターゲット学生に訴求できるのでは?」という提案を受けながら、その仮説を検証するための募集を出せるため、一般的な求人メディアよりもきめの細かい母集団形成ができる。

【3】活用ポイント: ターゲット学生に対して「自社の認知を高めたり、自社への興味を喚起する」ためには、どのような募集や採用コンテンツをつくっていけばよいのかを試行錯誤していきたいが、このマーケティング活動を自社単独でやるよりも、ジョブウェブの支援を受けながらやっていきたいという場合に適している。

よくあるご質問


Q. 何名ぐらい集客できますか?

エントリー課金モデルの場合、会社説明会の募集であれば、集客人数の期待値は5~10名です。10名という数値は母集団形成視点で考えますと心もとないところがありますが、採用ターゲット視点で考えますといかがでしょうか。ぜひ、少人数の採用ターゲットだけを集められるようなマーケティングを実践頂き、Jobwebを安くご活用下さい。また、情報掲載モデルの場合、会社説明会の募集であれば、最大で100名規模の集客人数にも対応可能です。

Q. 集客人数に制限をかけることはできますか?

可能です。ご予算に応じて設定ください。

Q. ジョブウェブという会社について教えてください

ジョブウェブはインターネット黎明期の1999年の創業以来、学生の就職活動コミュニティとしての立ち位置を守り続けています。そのため「学生のことを分かっている採用支援会社」として評価を頂くことが多いです。また、企業様に対しては、ターゲット採用の実践をご支援させて頂くことを得意としています。ジョブウェブという会社のことを知って頂くために、よろしければ下記ページをご覧ください。
採用変革宣言

タグ

ジョブウェブメディア活用事例

関連するタグ

お問い合わせ

採用メディアや、採用ツール、コンサルティングなどに関するご相談をお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

資料ダウンロード

会社説明会ノウハウ集、就職活動調査による学生コメント集、企業調査や人事勉強会の資料など、採用お役立ち資料をダウンロードしていただけます。
資料ダウンロード

ジョブウェブについて

ジョブウェブは戦略人事を応援するパートナーです。
ジョブウェブについて詳しく知る